症例1) 裏側矯正 治療開始1年 30代女性

投稿日:2018.5.28 | カテゴリー:治療開始1年後

上下裏側矯正 フルリンガル 30代女性

 

初診時

矯正治療開始1年後

 

一般的に矯正治療のリスクとして、後戻り、歯根吸収、歯肉退縮、顎関節の症状等が考えられます。
矯正治療期間は、歯を動かす距離(歯を移動する距離が多ければ時間がかかる)、骨の反応(同じように力をかけても年齢や性別、骨の性質によっては移動距離がかわる)、かみ合わせの完成度の高さ(かみ合わせをより細かく行えば期間が必要になる)によって変化します。