口呼吸による顔のたるみ 年末年始休診のお知らせ ~裏側矯正 東京~

投稿日:2017.12.26 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です😆✨

 

 

今年もあと1週間をきりました💦

マツコ・デラックスさんが2017年の10ヵ月を体感2ヵ月と言っていましたが、その気持ちわからなくもないですね😄(笑)
2017年も本当にあっという間でした。
学生時代は1日、1週間、1年が長かったように思いますが、ジェムに来てからは時間があっという間に過ぎていっているように思います(゚д゚)!

 

 

以前こちらのブログで口呼吸がお口に与える悪影響のお話をしました。
そのブログはこちら

 

実は口呼吸はお口だけでなく美容面にも悪影響を及ぼします😨!!!

 

それは、顔のたるみです😲!!

 

鼻を使わず口で空気を吸っていると、鼻そして鼻から上の筋力が衰え重力によって下がってしまいます。

 

そして、口呼吸では口の筋肉(口輪筋)が鍛えられませんので、口はいつもポカンと開いて緩んだ状態です。

口輪筋が鍛えられないことにより、鼻呼吸の人よりも顔の筋肉(表情筋)の衰えが早く進行してしまいます。

表情筋の衰えは顔のたるみにつながります。

 

つまり、口で呼吸することで目元や口角が下がり、頬は緩み、顎が二重になり、と顔全体がたるんでしまうのですΣ(゚д゚lll)

 

口呼吸の方は、健康面や美容面のことを考えて、すぐに鼻呼吸に切り替えましょう!!

 

コツはとにかく「口を閉じる」ことです。

 

とくにリラックスしている時や何かに夢中になっている時は、無意識に口が半開きになるので、意識するよう心がけてみてください。

 

今日が年内最後の診療日となり、来年は1月5日から診療致します。

2017年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

 

年末年始休診 12月27日~1月4日

ジェムNEWS 2017年12月号

投稿日:2017.12.25 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2017年12月号 №21

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

治療お疲れさまです🎅

2017年も最後の月になりました❕❕

終わりよければすべて良しという言葉があるように、2017年が良い年であったと思えるよう、12月は気持ちよく締めくくりたいですね🌠

 

 

 

 

今月のTOPICS~歯のもとになる栄養素

 

しっかりと歯磨きを行い、歯を細菌から守ることも重要ですが、歯自体を丈夫にすることも大切です。歯が形成されている時の食事が歯に影響を与えます。

 

▶たんぱく質(肉、豆腐、魚、牛乳、乳製品、卵、大豆など)

歯はコラーゲンにカルシウムやリンが沈着してできており、たんぱく質は歯の土台になります。

▶ビタミンA(にんじん、卵の黄身、ほうれん草、バター、うなぎなど)

歯のエナメル質をつくります。歯胚形成期に不足すると歯の成長が遅れ、

エナメル質の形成に障害が出ます。

▶ビタミンC(さつまいも・果物類・ほうれん草・キャベツなど)

歯の象牙質をつくります。歯胚形成期に不足すると象牙芽細胞に障害が出て

完全に形成されません。また、健康な歯肉形成にも役立ちます。

▶ビタミンD(牛乳・卵の黄身・魚介類・きのこ類など)

小腸からのカルシウムの吸収を促進、骨や歯へのカルシウムの沈着や石灰化を助けます。

▶カルシウム・リン(牛乳、乳製品、こんぶ、ひじき、小魚、大豆、ゴマなど)

歯の原料となり丈夫な歯や骨をつくります。体のカルシウムの99%は、歯と骨に含まれます。

▶マグネシウム(大豆、アーモンド、海藻類、玄米など)

歯を支える骨の構成成分であり、カルシウムの吸収も助けます。不足すると歯肉の血流を悪化させ、炎症が起こりやすくなり歯周病の発症・悪化につながります。

 

今年1年ありがとうございました。よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

2018年1月14日・2月18日・3月11日

9:30~13:00

 

‐年末年始休診のご案内‐

2017年12月27日~2018年1月4日

 

 

 

裏側矯正をはじめて 6カ月後 ハーフリンガル

投稿日:2017.12.21 | カテゴリー:患者様の声~治療をはじめて~

裏側矯正 6ヵ月後  -ハーフリンガル  30代女性-

 

【発音について】

◇話しにくいと感じた事はありましたか?

はい

◇(“はい”の方)話しにくい言葉は何でしたか?

さ行、ら行

◇(“はい”の方)慣れるまでの期間

2~3ヵ月

 

【痛みについて】

《歯》
◇痛みはありましたか?

はい

◇(“はい”の方)どんな時に痛みましたか?
 調整後3日間ほど

 

《頬・唇》
◇痛みはありましたか?

はい

◇(“はい”の方)どんな時に痛みましたか?

口内炎が唇にできた時

 

 

《舌》
◇痛みはありましたか?

はい

◇(“はい”の方)どんな時に痛みましたか?

最初の頃、器具が舌にあたる時

 

 

【6ヵ月経った感想】

痛みや話しにくさはあったが、周囲には気付かれることがないくらい見た目にはとても満足しているので、裏側でよかったと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

口臭化学から生まれた『NONIO』~裏側矯正 東京~

投稿日:2017.11.30 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科の菊地です(^^)

 

秋からあっという間に冬に突入し、コートとマフラーが手放せない季節がやってきました(>_<)
この時期といえばイルミネーションですよね♪丸の内、東京ミッドタウン、六本木けやき坂と
早くも3スポットのイルミネーションを見てきたのですが、どこもすごく綺麗でした✨✨
12月に入るとクリスマスムードが増してさらに賑やかになりそうですね🎅🎄

 

前回は口臭についてお話ししましたが、本日はこちらの歯磨き粉をご紹介いたします!
口臭化学から生まれた『NONIO』

 

 

今年の夏に発売され、CMでも話題になっていたので気になっていたのですがやっと購入しました(^ω^)

 

口臭の原因の80%は口腔内の細菌と言われています。
NONIOは香りで臭いを消すのではなく、殺菌成分の塩化セチルピリジ二ウムで口臭の原因の元である
細菌を殺菌・抑制を行います。
また、合成香料にはない美味しさ・味わいのある天然ミントが使用されているそうです。

口臭のみに特化しているのではなく、フッ素も配合されているため虫歯予防の効果もあります。
また、ポリリン酸ナトリウムという歯の汚れを吸着する成分も配合されています。
ポリリン酸は漂白剤のように歯の芯から真っ白にはできませんが、表面に付着した汚れを除去する力を持っています。
ポリリン酸のはたらきは、歯の表面に付着した汚れを吸着して、剥がし取ることで、
歯のエナメル質を削ったり溶かしたりすることはないため、あくまで歯が本来持つ白さに戻るだけです。
歯の着色汚れを解消したい人(茶渋やワインなどの汚れに悩んでいる人)は、ポリリン酸配合がおすすめです。

 

『NONIO』の効能は以下になります。

▶口臭の防止
▶歯を本来の色へ戻す
▶虫歯の発生、進行の予防

 

実際使用してみると、、

お口に入れた瞬間、フルーティーないい香りがお口の中に広がりました♪
ブレスリフレッシュ成分(清涼感持続性香料)が配合されているため、磨いた後もお口の中にフルーティーな香りが残ります。
女性は好まれる方が多いのではないかと思いました。ですが、この香りを好まれない方は苦手な方もいるかも!?

ピリピリする刺激感もないのでいろんな方が使用しやすい歯磨き粉だと思います。
ただ、ピリピリとした爽快感を求める方には少し物足りないかもしれません。

また、とても泡立ちがいいため付けすぎ注意です⚠

磨いた後は歯がツルツルになり、お口の中がさっぱりとした感じが残りました✨

 

私はドラックストアで購入したのですが、300円くらいとお手頃価格でしたので気になった方は是非(*^▽^*)

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

ジェムNEWS 2017年11月号

投稿日:2017.11.30 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2017年11月号 №20

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

 

治療お疲れ様でした(*^▽^*)★

段々と冷え込む日が増えてきてお鍋料理が恋しくなる季節がやってきました🍲

秋も深まってきたところで紅葉狩りに出掛けてみてはいかがでしょうか🌳

 

 

 

今月のTOPICS~歯の平均寿命と磨きにくい部分

 

 

歯の平均寿命(歯が生えてから失うまでの年数)は、前歯と奥歯で最大16年もの差があります。日本人の平均寿命と比べても歯の寿命は短く、特に奥歯は早く失われてしまいます。

 

歯を失う原因は?

「歯周病」と「虫歯」です。

主な原因はプラーク(歯垢)

「奥歯」や「歯と歯の間」は歯ブラシが届きにくいため、プラークが溜まりやすい場所になります。

 

プラーク1mg中の細菌数は約10億!!!

プラークは食べかすではなく細菌の塊です。

フロスや歯間ブラシなども併用しましょう!

歯ブラシで丁寧に磨いたとしても落ちるのは全体の60%と言われています。

フロスなども併用してプラークからお口を守りましょう!

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

2017年 12月10日・2018年1月14日・2月18日

9:30~13:00