トンネルむし歯 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2020.9.24 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です🐶

 

最近急に涼しくなり、聞こえてくる虫の声がセミから鈴虫にかわってすっかり秋めいてきましたね!

夏がおわりさみしい気持ちでいっぱいです(´;ω;`)

 

みなさんは歯に突然穴があき、大きなむし歯になっていた。
このような経験をされたことがあるかたはいらっしゃいますか?

これはおそらくトンネルむし歯によるものです。

 

歯と歯はくっついて並んでおり、この間には歯ブラシの毛先が入りづらく清掃不良となり、むし歯になりやすい場所です。

トンネルむし歯はこの歯と歯の間をスタート地点とし、どんどんトンネルを掘るように歯の中を掘り進めていきます。

歯と歯が接触している部分が入り口となっているため見た目ではわかりにくく、むし歯があることに気が付かずそのまま進行していき、ある日突然トンネルの天井が崩れ大きなむし歯が出来てしまっていることに気付くのです。

 

歯と歯の間がむし歯になりやすい場所の一つですが、トンネルむし歯は検診の際の目視によるチェックでは、見逃されてしまうこともあります。

むし歯の穴が歯と歯の間の接触部分にあるため、目で見ても発見できないためです。

歯の色が変わっていれば発見できますが、トンネルむし歯は内部で進行しており、トンネル上部の壁は厚いため、歯の色は健康な歯と変わりません。

さらに、進行が進んでも自覚症状が薄いため、発見しづらいむし歯なのです。

レントゲンを撮ればトンネルむし歯は発見できます。定期的に歯科医院での検診をうけ、レントゲンを撮ってもらうことをオススメします。

 

トンネルむし歯を作らないためには、歯と歯の間をきちんと磨くことです!!

歯と歯の間は食べ物が挟まりやすく、その状態が長く続くとトンネルむし歯の原因となってしまいます。

歯と歯の間には歯ブラシは入りづらいので、デンタルフロスを使い歯と歯の間もしっかりと磨きましょう!!!

 

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

ジェムNEWS 2020年8月号

投稿日:2020.8.31 | カテゴリー:お知らせ

 

ジェムNEWS 2020年8月号 №53

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

治療お疲れさまです🌴1年で1番短い季節の夏がきました🎆🍉

熱中症や夏風邪などで体調を崩しやすい季節でもありますので、

引き続き感染症にも気を付けながら夏を楽しみましょう😆✨

 

 

 

今月のTOPIC~口唇ヘルペス

風邪をひいたり、疲れやストレスがたまったり、体が弱っている時に、唇やその周辺に水ぶくれができ、

一度できると再発を繰り返してしまう口唇ヘルペス。

原因は「単純ヘルペスウイルスⅠ型」というウイルスです。

このウイルスは感染力が強く、直接的な接触やウイルスの付いた食器などから感染の恐れがあります。

一度感染するとウイルスは、三叉神経節という所に一生住み着きこれを潜伏感染といいます。

 

 

体調が悪くなり免疫機能が低下すると潜伏するウイルスが暴れ出し、再発を繰り返すのが特徴です。

大人で約50%以上、70歳以上のほとんどが感染しているというデータもありますが、

症状がなくてもウイルスが潜伏している人が多く、

発症率は約10%で感染していることに気づいていない人が多いようです。

大人になってから初感染すると症状が重く、再発を繰り返しやすいといわれています。

発症中は大量のウイルスを排出しており感染力が非常に強いため、他の人にうつさないよう配慮しましょう。

バランスの取れた食事や規則正しい生活習慣、適度な運動等で基礎体力を高め、

ストレスを溜めない生活を送り、日頃からヘルペスが再発しにくい身体づくりを心掛けるとよいでしょう。

 

 

‐日曜診療のご案内‐

9月13日・10月18日・11月15日

9:30~13:00

レントゲンと放射線量~裏側矯正 東京~

投稿日:2020.8.25 | カテゴリー:スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(^^)☀

大好きな夏真っ最中ですが、今年は花火大会やお祭り等中止が相次いでおり、

なかなか思うような夏が過ごせていません😭

小学生の患者様も学校でのプールがなしになっているそうで残念そうな子が多々(>_<)

来年は活気あふれる夏が戻ってくることを願うばかりです!!

 

 

本日はよく使われるレントゲンについてお話します。

どなたも一度はレントゲン撮影をされたことがあるのではないでしょうか?

矯正歯科でも患者様の治療を進めるうえでレントゲン撮影は必須です!

 

X線は物質を透過する性質を持っています。 その透過度は物質によって違うのですが、

口の中の場合、歯や骨、金属の被せ物などは、透過度が低く白く映ります。

炎症などを起こしているとその部分も透過度が低いので、灰色がかって見えます。

歯石が大量に付いているとそれもわかります。

これらの性質を利用して、むし歯の発見や状態、歯周病の進行具合、神経の状態、

膿が溜まっていないか、根の治療の判断、痛みや腫れの原因を探る、埋まっている親知らずなどの状態など

多くのことを調べたり、確認したりすることができるのです。

肉眼では見えない部分のことがわかることも多いので、

その意味では歯科医療には欠かせないものといっても過言ではありません✨

 

 

歯科で使用されるものは、

・オルソパントモ
・頭部X線規格写真(セファログラム)
・口内法(デンタル)
・歯科用CT

に分けられます。

 

Sv(シーベルト)とは人体に与える放射線の影響の単位です。
人々は生活をしている中で、自然放射線に被ばくしています。

この自然放射線を一年間に一人当たりが受ける放射線量は世界平均2.4mSv(ミリシーベルト)と言われています。

人体へ放射線を受けて99%が死亡するとされる致死量は6~7Sv(シーベルト)の放射線量になります。
この単位のSv(シーベルト)は、mSv(ミリシーベルト)の1000倍の線量です。

 

 

歯科治療時に撮影されるCTの場合、1枚あたり 0.1mSv(ミリシーベルト)、
お口全体が撮影できるオルソパントモ(大きいパノラマ写真)であればで1枚あたり0.03mSv、
口内法で撮影する小さいデンタル写真であれば0.01mSvになります。

 

オルソパントモや口内法であれば一年間の限度とされる値の10~100分の1の値であり、
一年間に受ける自然放射線量よりもかなり少ない値ということになります。

またレントゲン撮影時には、必ず鉛の入った重たいエプロンを着用するためより少ない被ばく量になります。

 

以上から、歯科医院で撮影されるレントゲン写真の安全性は高いと言えます😊

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

口腔ケアを行いコロナの感染と重症化を予防 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2020.7.30 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です🌻

 

7月ももうすぐ終わるというのに梅雨明けがまだ発表されませんね💦
ジメジメ湿気のこの時期が苦手で夏が大好きなわたしにとって、
梅雨が長引くのは本当につらいです(;^_^A

 

 

コロナのニュースが日々流れており感染者数も多く心配な状態が続いていますね。

 

コロナ対策には口腔ケアがとても大切であり、
歯周病だとコロナに感染しやすいというのはご存知でしょうか?

 

成人の約8割がかかっているといわれる歯周病ですが、
歯周病の方はコロナウイルスに感染するリスクが高くなるそうです。

 

コロナウイルスは、飛沫感染や接触感染、最近では空気感染でもうつると言われています。

感染者の飛沫と一緒にコロナウイルスが放出され、
そのウイルスを口や鼻などから吸い込むことで感染します。

 

また、ウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触るなどすると、粘膜から感染する可能性があります。

 

しかし、ウイルスが口の中に入ってきたからといって、誰もが感染するわけではありません。

 

ウイルスは喉にある特定の場所から侵入するのですが、ここは通常、糖タンパクにより守られています。

 

口の中に歯周病菌が増えると、歯周病菌が作り出すタンパク質分解酵素のプロテアーゼが増え、
このプロテアーゼが口の中の粘膜を破壊してしまいます。

 

口の中の粘膜は、ウイルスが体内に入る前の最初の防御壁になるため、
プロテアーゼで粘膜が破壊されてしまうと、ウイルスが容易に吸着し体内へ侵入しやすくなってしまうのです。

 

つまり、口の中に歯周病菌が増えて、プロテアーゼが粘膜を破壊してしまうと、
少量のウイルスでも感染してしまう可能性が高くなってしまうわけです。

 

また、プロテアーゼを肺に誤嚥してしまうと、肺の肺胞と呼ばれる組織が破壊されてしまい、肺炎になるリスクが高くなるため、
さらにコロナウイルスに感染するリスクが高くなってしまうのです。

 

コロナウイルスに感染しても、軽症や無症状で済む方が多いなか、糖尿病などの持病がある方が重症化する傾向があり、
歯周病の方は、コロナウイルスが重症化するリスクが高くなります。

 

コロナウイルスに感染すると肺の免疫力が低下し、ウイルス性の肺炎を起こします。

 

すると、ウイルス性肺炎により、肺の肺胞がダメージを受けます。

 

この状況になると通常は無害の細菌でも、ダメージを受けた肺胞が感染して、細菌性肺炎を起こしやすい状態になります。

 

そして口の中の歯周病菌やむし歯菌などの細菌が肺に入ると、コロナウイルスによる肺炎に加え、
口の中の細菌による肺炎を起こしてしまいます。

 

つまり、コロナウイルスによるウイルス性肺炎、そして歯周病菌やむし歯菌などによる細菌性肺炎が同時に起こり、
全身にウイルスが撒き散らされ、肺炎が重症化してしまうのです。

 

そのため、口の中を歯周病やむし歯などがない健康な状態に保つ事は、
コロナウイルスの感染を防ぐだけでなく感染した場合でも、重症化を抑えられる可能性が高くなるのです。

 

矯正治療中は通常時よりも口腔内の細菌が多くなっています。

今まで以上に歯磨きを丁寧に行い歯周病やむし歯を防ぎ、コロナ対策を行いましょう!

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

ジェムNEWS 2020年7月号

投稿日:2020.7.21 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2020年7月号 №52

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

治療お疲れ様です★

梅雨が明けるといよいよ夏本番です!マスクをしていると喉が渇いたと体が認識しづらくなるそうで

脱水に例年以上に注意しましょう(>_<)こまめな水分補給が必須です!!

 

 

今月のTOPIC~矯正中のフロス

 

矯正治療中は汚れ(食べかす・歯垢・歯石)が溜まりやすくなります。

中でも歯と歯の間は歯ブラシが届きにくいため、歯ブラシだけでは汚れを取りきることが困難です。

そのためフロスや歯間ブラシの併用が必須になります。

 

【フロスの使用方法】

フロスを40㎝ほど出します。両手の中指に巻き付けて人差し指と親指でつまみます。

これがフロスの基本的な持ち方です。

 

ブラケットが付いていない場合はそのまま歯と歯の間へスライドさせ、

歯茎の下1~2㎜程度入れ、隠れている汚れを掻き出します。

 

【表側にブラケットが付いている場合】

ワイヤーの下にフロスをくぐらせます。その後は上記と同じで歯と歯の間に

のこぎりのようにスライドさせ入れていき、歯茎の下の汚れを掻き出します。

 

<表側>

             

 

 

【裏側にブラケットが付いている場合】

通常の糸巻きタイプのフロスでは通すのが困難なため、スレッダーのついている

スーパーフロス等を使用しましょう。スレッダーを表側から歯と歯の間に入れて、

あとは同様にフロスをスライドさせ、汚れを掻き出します。

 

<裏側>

 

 

‐日曜診療のご案内‐

8月23日・9月13日・10月18日

9:30~13:00