ジェムNEWS 2019年11月号

投稿日:2019.11.28 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2019年11月号 №44

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

 

治療お疲れ様でした✿

秋も深まり肌寒い日が増えてきましたね!

11月8日はいい歯の日です🌟

お口の中を清潔に保ち、歯並びの綺麗ないい歯を目指しましょう!

 

今月のTOPIC~症状別歯の疾患

🔶冷たい物が染みる

アイスや冷たいものを飲んだ際にさっと染みるのは知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏防止のお薬を塗布してもらうことで症状を軽減することが出来ます。

もしくは歯髄炎の可能性が考えられます。この場合は冷たいものだけでなく、熱いものも染みることが多いです。

🔶熱いものが染みる

歯髄炎の疑いが高いです。虫歯が歯の神経(歯髄)に達し、バイ菌が歯髄に入り込んでしまった状態です。冷たいものと熱いものの、両方がしみるのが特徴です。

虫歯が重症化している可能性あります。

また金属の詰め物を使用した治療を行っている場合、金属の熱伝導性がいいので熱いものが染みている可能性もあります。

🔶甘い物が染みる

歯の神経に達している大きな虫歯があるか、歯磨きが十分出来ていないことで歯が脱灰し(歯の表面が溶けだす)神経に刺激が伝わりやすくなって起きる知覚過敏のどちらかであると考えられます。

 

歯医者さんが怖いと感じる方も多いかと思いますが、早ければ早いほど負担が重くなくて済みます。

また普段から定期健診へ行くことが大切です😊🎀

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

12月8日・1月19日・2月9日

9:30~13:00

 

 

 

メスマウス 薬物と歯 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.11.21 | カテゴリー:スタッフ日記

 

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(*^_^*)❁

今年も残すところあと一か月ですね😲
この前まで夏だったな~と思えばあっという間すぎて驚きます💦

 

 

今年は芸能人の薬物のニュースが多かったように感じます。。

薬物=危険・怖い等いろんなイメージがあるかと思います。

薬物は一度使用したらやめられなくなったり、うつ状態になるなど様々な悪影響を及ぼしますが、
体だけでなく口腔内にも大きな悪影響を及ぼします。

薬物を乱用している人の口腔内の症状を『メスマウス』と言います。

 

覚醒剤は歯を溶かす強い酸性でできています。
この酸性の不純物が、歯肉や歯の表面を腐食し、炎症を起こします。

また覚醒剤の薬理作用による唾液分泌抑制現象と口渇(口腔内乾燥)のため、歯周保護作用が失われます。

唾液には口腔内を酸性から中性にする緩衝作用やプラーク等を洗い流す自浄作用があり、口腔内を守る役割を担っています。

他にも唾液には様々なパワーがありますが、これについては作野さんが以前に取り上げていますのでコチラへ!

 

薬物乱用者は食欲がなくなりますが不意に甘いものが欲しくなったりします。
そして甘いものが余計においしく感じることが多く、喉が乾きやすいため、コーラなど甘い飲料をガブ飲みする傾向があります。
こうした糖分の多い炭酸飲料も虫歯の原因となります。

抑うつ状態から生活も乱れ、歯磨きをする習慣がなくなり、口腔は不衛生な状態が続きます。

また薬物がきれてきて禁断症状を起こすと強い歯ぎしりを起こします。
これはとても強い力がかかるため歯の摩耗、亀裂を誘発します。よって噛み合わせが崩壊してしまいます。

こうした負の連鎖から歯がボロボロになってしまうのです😱

身も心も壊してしまう薬物です。興味本位でも絶対にいけません。

 

薬物 ダメゼッタイ🙅!!

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

防災グッズに口腔ケア用品を忘れずに ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.10.30 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(*^-^*)

 

ここ最近台風や大雨で各地で大きな被害がありましたね。
テレビ等で被災の映像を見るたびにつらい気持ちになります。
自然災害は本当に恐ろしいですね。

防災グッズを用意されている方も多いかと思います。

水や食料、懐中電灯など避難時に備えておきたいものがあるなかで見落としがちなのが口腔ケアグッズです。

お口の状態は、身体の健康に大きく影響します。

避難所等で歯磨きができないと菌が増え続けむし歯の原因となったり、菌が直接肺に入ることで肺炎を引き起こす可能性もあります。

また口腔内のケアはインフルエンザ予防にもつながりますので、災害時の歯磨きはとても大切なのです。

・歯ブラシ
・歯磨き粉
は最低限準備しておきましょう。

・うがい用コップ
もあればよりいいと思います。

そして、水不足の際に役に立つのが、
・液体歯磨き粉や洗口剤
・歯磨きシート
です。

液体歯磨き粉や洗口剤には殺菌効果があり、お口のなかにいきわたらせることで菌を減らす効果があります。
使用後にお口をすすぐ必要がないため水は必要ありません。

歯磨きシートは指に巻き付けて直接歯をこすることで汚れを落とすことができるので、こちらもお水を使うことなく使用できます。
過去のブログで紹介していますので参考に(http://uragawakyousei.info/blog/staff/2631.html

 

矯正治療中のかたは、
・ワックス
を準備しておくことをオススメします。

口内炎ができた時だけでなく、装置が外れてしまったときに一時的に押さえる応急処置にも使うことができます。

リテーナーや取り外し式の装置をお使いの方は
・ケース
の準備をしておきましょう。

 

備えあれば患いなしです。

災害時のお口と身体の健康と予防につながりますので、防災グッズに口腔ケア用品も忘れずにお願いします。

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

ジェムNEWS 2019年10月号

投稿日:2019.10.29 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2019年10月号 №43

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

治療お疲れさまです🎃

ついに消費税が10%に増税されましたね💦

テイクアウトとイートインでは税率が違ったりとなんだか複雑で難しいですね(^^;)

このシステムに慣れるまで時間がかかりそうです😅 💦

 

今月のTOPIC~ブラックトライアングル

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間にできた三角形の隙間のことをいいます。

歯間乳頭(歯と歯の間の歯肉のこと)がなんらかの原因で退縮したことで、ブラックトライアングルができてしまうのです。

ブラックトライアングルができる原因として、主に以下のようなものがあります。

 

歯周病

歯周病により歯肉が炎症を起こすと、歯を支えている骨(歯槽骨)が吸収されてしまいます。

歯周病治療等により、腫れていた歯肉が正常な状態になり、歯肉が歯槽骨のあるところまで下がる(歯肉退縮)ことで、ブラックトライアングルができてしまいます。

歯槽骨が吸収してしまったぶんだけ、歯肉が下がってしまうのです。

 

歯並びの改善

矯正治療により歯並びが改善すると出現することがあります。

歯が重なって並んでいた為に隙間が見えにくかったものが、歯並びの改善により発生します。

しかし、歯周病による歯肉退縮と違い健康上の問題はなく、その後の矯正治療により改善が可能ですが、完全にブラックトライアングルがなくなることは難しい場合もあります。

 

大きすぎる歯間ブラシの使用

自分の口の状態とサイズが合っていない歯間ブラシの使用は、歯肉が退縮してしまいます。

無理な使用は辞め、歯と歯の間が狭い方はフロスを使いましょう。

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

11月10日・12月8日・1月19日

9:30~13:00

 

ジェムNEWS 2019年9月号

投稿日:2019.9.30 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2019年9月号 №42

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

 

治療お疲れ様でした🐻

とっても暑かった夏もあっという間に過ぎ、夜は早くも秋風を感じる季節になりました!

食欲の秋、運動の秋など様々な秋を楽しみたいですね(*^▽^*)🍎🍇

 

今月のTOPIC~口内炎

口内炎は舌や頬にできる炎症で、皆さん一度は経験されたことがあるのではないでしょうか?

特に矯正治療中はブラケットやバンド(奥歯についている輪っかの装置)が頬や舌に擦れて口内炎が出来てしまうことが少なくありません。

私自身も矯正治療中は何度も悩まされました😭

矯正装置や入れ歯など刺激を受けて起きる口内炎をカタル性口内炎といい、お口の中にできた傷の周りで常在菌が繁殖し炎症を起こします。

カタル性口内炎の他にも様々な種類の口内炎があります。

◆アフタ性口内炎…一般的に多くみられる口内炎で免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足が原因と考えられている。

◆ウイルス性口内炎…赤くただれ、びらんを生じる。カンジダ性口内炎の場合は、口の中に白いこけ状の斑点ができる。

◆アレルギー性口内炎…特定の食物や金属などでアレルギー反応を起こし、口の中の粘膜の炎症が起こる。

◆ニコチン性口内炎…喫煙習慣により口の中の粘膜や舌に白斑ができる。

装置にすれて口内炎ができた場合は歯科用ワックスを使用してください。

お口の中をしめった状態に保つことで、口内炎の症状の軽減が期待できます。

お口の中が不潔な状態にあると症状が悪化するため、口腔内を清潔に保つことが大切です!

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

10月20日・11月10日・12月8日

9:30~13:00