ジェムNEWS 2020年11月号

投稿日:2020.11.18 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2020年11月号 №56

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

今月も治療お疲れ様でした🌺早いもので今年も2か月を切り、

朝晩と冷える日も増えてきましたね🍃身体が冷えてしまうと

免疫力も下がってしまうため温かくしてウイルスから身を守りましょう

 

 

今月のTOPIC~顎関節症

 

顎関節症とは、顎関節に痛みが生じる、口が開けづらい、口を開くときに耳の付け根

辺りで「カクッ」「ゴリッ」といった不快な音が鳴る、というのが主な症状です。

顎関節症は、多くの人が一度は経験している病気であり、一生のうちに半数の人が

経験するとも言われています。実際に患者様からご相談を受けることもございます。

顎関節症の原因は噛み合わせや歯ぎしり、くいしばり、ストレス等、様々な原因が

考えられますがまだはっきりとわかっていません。

 

~顎関節症の治療法~

・薬物療法

顎の痛みを薬で抑えます。また、筋肉の緊張が強い場合にも薬を用いたりします。

・理学療法

電気を流したり、マッサージをしたりして、顎周辺の筋肉の緊張を改善します。筋肉をほぐして血流を改善し、痛みを軽減します。

・スプリント療法

マウスピースを装着して、顎関節をリラックスさせた状態にします。

顎関節症による痛みがなくても、歯をかみしめたり、歯ぎしりがある人には、

その癖を直すために使用されることがあります。

・運動療法

ずれてしまった関節円板を元に戻すような運動を行ったり、

顎周りの筋肉のストレッチを行い、口を開けられる量を増やしたりします。

 

‐日曜診療のご案内‐

12月20日・1月17日・2月21日

9:30~13:00

 

口呼吸 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2020.10.29 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です😊

朝晩と冷える日が増えてきて秋を感じますね🍃
毎年紅葉を見に行きたいなーと思いつつ、いつの間にか見頃が終わってしまっているので
今年こそはウイルスに気をつけながらも見に行きたいなと思っています(^^)❤
皆様はGOTOキャンペーンでどちらか行かれましたか😊??

 

よだれを垂らして寝てしまっていたなんてことはないですか?💦笑
とっても恥ずかしながらわたしはごくごくたまにあります、、(^_^;)
どうしてこういうことが起きるかというと口呼吸をして寝てしまっていることが原因です。

 

人間は通常鼻呼吸をして空気を取り入れていますが、鼻が詰まっていたり、口呼吸が癖になってしまっていたり
することでこういったことが起きるのです。

 

どうして口呼吸がいけないかについては様々な理由があります。

 

まず、虫歯や歯周病になりやすく、口臭の原因にもなるということです。
お口の中には唾液が常に出ている状態が正常ですが、この唾液はお口の中の細菌をやっつけたり、
汚れを洗い流したりなど様々な働きがあります。口呼吸をすると、お口の中が乾燥してしまい、
唾液がうまくまわらずに虫歯や歯周病の原因菌が繁殖し放題になってしまいます。
また、お口の乾燥により歯に汚れがつきやすく、歯の黄ばみの原因にもなります。

 

そして歯並びにも影響を起こします。口呼吸で口を開けている時間が長くなるために、
口輪筋による前歯の舌側への作用が弱くなり、歯がくちびる側へ傾斜するようになります。
また、口呼吸をしていると咀嚼機能が低下します。そのため嚥下障害や消化障害も引き起こしかねません。
咀嚼しているときにくちびるが開いているため、音を立てて食事をするというマナー上の問題もあります。

 

もう一つ、風邪やウイルス、アレルギーになりやすくもなります。
鼻から呼吸する場合、外気を取り込む際に一緒に入ってきた細菌やウイルスなどを排除する機構が備わっているため、
風邪をひきにくかったり、ウイルスに感染しにくいという特徴があります。
また、鼻呼吸の場合は冷たく乾いた空気を吸い込んでも副鼻腔の働きにより加温・加湿された状態で
気道に空気を届けるなどの機能も働きます。
一方、口には鼻のような外気に対する機能が備わっていないため、直接細菌やウイルス、塵などを取り込んでしまうことになるのです。

 

 

これらを見ると口呼吸に何一ついいことがありませんよね💦

口呼吸を改善させる方法として、、

アレルギー等でそもそも鼻が詰まっていて鼻呼吸ができないという方は、まずは耳鼻科でしっかり鼻づまりの根本から治療しましょう。

口呼吸が癖になってしまっている方は、お口の周囲の筋肉が緩んでしまっていることが考えられます。

この場合は意識して鼻で呼吸するように努力したり、テープなどで上下の唇を止め、機械的に上下の唇を閉じ、
お鼻で呼吸させる等の方法があります。またお口周囲の筋力を鍛えることも大切です。→口腔筋機能療法(MFT)
最近では口呼吸の予防グッズなども販売されていますので、そういったものを利用するのもオススメです(^^)

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

ジェムNEWS 2020年10月号

投稿日:2020.10.26 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2020年10月号 №55

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

治療お疲れさまです🎃「涼しい」が「寒い」に変わり始める

衣替えの10月🍄上着をもう一枚羽織るかどうか玄関先で迷うこと

も多いと思いますが、体調管理には十分に気を付けたいですね☺✨

 

今月のTOPIC~歯肉マッサージ

体の一部が痛い時や体がだるい時などに、マッサージを行うと痛みやだるさが和らぎ、

体が軽くなったような気がしますよね。マッサージは体の凝りをほぐし、血行をよくします。

歯肉もマッサージをすることで様々な効果が得られます。

歯肉マッサージは、歯周病の方や喫煙者に有効です。

歯周病の方や喫煙者は、そうでない人に比べ歯肉の血行が悪く、歯周病が進行しやすくなります。

歯肉には毛細血管が無数にあり、マッサージをすることで、血行がよくなり

滞っている不純物を排出され、歯肉全体に栄養が行き届きます。

更に、歯肉の細菌に対する抵抗力が増します。

また、歯肉には歯や口元を美しくするツボが多く存在します。

血流も良くなることで、引き締まった健康的なピンク色の歯肉になります。健康で美しい口元を保てます。

歯肉マッサージを行っている歯科医院もありますが、お家でも簡単に行うことが出来ます。

まず、歯磨きをして口腔内の汚れを落とし、手を清潔にしましょう。

そして、人差し指の腹を使い、歯肉全体をくるくると円を描くようにゆっくりとマッサージします。

次に、歯をつまむように親指と人差し指ではさみ、歯肉をマッサージします。

ポイントは力をいれすぎないことです。

爪を立てて歯肉を傷付けないように注意して行ってください。

 

‐日曜診療のご案内‐

11月15日・12月20日・1月17日

9:30~13:00

 

ジェムNEWS 2020年9月号

投稿日:2020.9.24 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2020年9月号 №54

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

治療お疲れ様です★秋は旬の美味しい食べ物が沢山ありますね😋

『食欲の秋』と言われるのは、涼しくなり気温が下がるに

つれて、体温を保たせようとして食欲が湧くからだそうですよ

 

 

 

今月のTOPIC~生活習慣で口臭予防

 

口臭の原因は様々ありますが、その約8割はお口の中にあります。

その中でも歯に挟まった食べかすなどが腐敗し、揮発性硫黄化合物となって悪臭放っているケースです(>_<)💦

揮発性硫黄化合物は、歯を磨いたり、フロスを通すというようなことで取り除くことができます(^^)✨

1日の中で口臭は早朝が最も強く、食後には口臭が減ります。

これは食事やうがい等口腔活動から時間が経過するほど口臭が強くなることを示しています。

また、唾液には口臭予防に関連した洗浄作用、抗菌作用、粘膜保護作用などがあり、

唾液の分泌量が口臭に大きく関わってきます。

朝食を摂らない方もいるかと思いますが、口臭予防のためにも朝食を摂りましょう

どうしても時間がない場合はせめてうがいだけはしましょう。

さらに、朝食に限らず食事は流し込めるようなものより、

よく噛まないと食べられないものをできるだけ選ぶようにし、唾液の分泌が盛んになるようにしましょう😄

食事の時間もゆっくり取って、よく噛むことを意識するとより良いです。

早食いの習慣が抜けないという方は、食材を大きめにカットして調理すると自ずと噛む回数が増えるので、

やってみてはいかがでしょうか(*^^*)

さらに加えるとよい習慣が舌の清掃です。舌上には白い舌苔(ぜったい)と呼ばれる細菌の塊が付着します。

歯ブラシで力を入れすぎて、舌の表面を傷つけてしまわないよう注意してください。

舌ブラシ又は柔らかい歯ブラシで優しく落としましょう。

以上の生活習慣を心がけると口臭予防の意識もアップしますよ(^^)

 

 

‐日曜診療のご案内‐

10月18日・11月15日・12月20日

9:30~13:00

 

 

トンネルむし歯 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2020.9.24 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です🐶

 

最近急に涼しくなり、聞こえてくる虫の声がセミから鈴虫にかわってすっかり秋めいてきましたね!

夏がおわりさみしい気持ちでいっぱいです(´;ω;`)

 

みなさんは歯に突然穴があき、大きなむし歯になっていた。
このような経験をされたことがあるかたはいらっしゃいますか?

これはおそらくトンネルむし歯によるものです。

 

歯と歯はくっついて並んでおり、この間には歯ブラシの毛先が入りづらく清掃不良となり、むし歯になりやすい場所です。

トンネルむし歯はこの歯と歯の間をスタート地点とし、どんどんトンネルを掘るように歯の中を掘り進めていきます。

歯と歯が接触している部分が入り口となっているため見た目ではわかりにくく、むし歯があることに気が付かずそのまま進行していき、ある日突然トンネルの天井が崩れ大きなむし歯が出来てしまっていることに気付くのです。

 

歯と歯の間がむし歯になりやすい場所の一つですが、トンネルむし歯は検診の際の目視によるチェックでは、見逃されてしまうこともあります。

むし歯の穴が歯と歯の間の接触部分にあるため、目で見ても発見できないためです。

歯の色が変わっていれば発見できますが、トンネルむし歯は内部で進行しており、トンネル上部の壁は厚いため、歯の色は健康な歯と変わりません。

さらに、進行が進んでも自覚症状が薄いため、発見しづらいむし歯なのです。

レントゲンを撮ればトンネルむし歯は発見できます。定期的に歯科医院での検診をうけ、レントゲンを撮ってもらうことをオススメします。

 

トンネルむし歯を作らないためには、歯と歯の間をきちんと磨くことです!!

歯と歯の間は食べ物が挟まりやすく、その状態が長く続くとトンネルむし歯の原因となってしまいます。

歯と歯の間には歯ブラシは入りづらいので、デンタルフロスを使い歯と歯の間もしっかりと磨きましょう!!!

 

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科