咬合性外傷 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2017.10.31 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です😄✨

 

 

最近急に寒くなりましたね😢💦!!
もう朝晩は冬のような寒さで、今年は夏も短かったですが秋も短いんでしょうか、、、。
部屋が寒いのでそろそろ炬燵をだそうかなあと思っているところです(;・∀・)

 

 

 

先日、私の姉から歯が痛いと連絡がありました。
どんな時に痛むのか聞くと、熱いものや冷たいものを食べた時は痛みはなく、噛む時に痛いとのこと。
歯科医院に行くよう勧めましたが、しばらく都合がつかないから行く時間がなく、でも痛くて我慢ができないとSOSが!!!
姉は実家にいるのでお口の状況が把握できないので、とりあえずよく歯磨きをして痛み止めを飲んで歯科医院に行けるまで我慢するようにいいました。

 

すると数日後姉から噛むと痛むので噛まないようにしていたら痛みがおさまったと連絡が😲!!

 

話を聞くと痛みが出る前、最近よく無意識に食いしばっていることが多かったんだとか、、、。

 

なのでおそらく食いしばりが原因で炎症がおきていたのかと思われます(*_*)

 

 

皆様は咬合性外傷という言葉をご存知でしょうか?

 

 

咬合性外傷は、咬合力によって生じる歯肉を除いた歯周組織、歯根膜に起こる外傷性病変です。

歯周組織が健全な歯に、歯ぎしりなどによる強い力が加わって起こる外傷(一次性咬合性外傷)と、歯周炎にかかって歯の支えが弱くなった歯に正常な噛む力が加わって起こる外傷(二次性咬合性外傷)とがあります。

 

咬合性外傷の原因は、異常な力あるいは生理的な力です。
また、経過により急性と慢性に分けることもできます。

 

主な症状は、噛んだ時の痛み、歯の揺れ、浮いた感じなどです。

むし歯の治療時に詰め物をしたり、冠をかぶせた時にも、このような痛みや違和感が一時的に現れることがあります。
 

成人の多くは、歯周炎と咬合性外傷が合併しています。
したがって、歯みがきでプラークをコントロールして炎症を除き、噛み合わせをコントロールして特定の歯に異常な力が加わらないようにすることが治療の基本になります。歯科医は噛み合わせを精密検査し、特定の歯のみがあたらないように歯を少し削って調整し、バランスをとります。

 

歯並びが悪かったり、噛み合わせの異常が大きい時は、矯正治療が必要になることもあります。
歯肉の炎症が治ったあとも、歯の揺れが治らない場合は、冠などで連結固定することもあります。

 

 

咬合性外傷の主な防止策として下記のものがあげられます。
・噛み合わせの調整
・マウスピースの装着
・歯周病の治療
・隣の歯と冠で連結する

 

一次性咬合性外傷は、噛み合わせの調整だけでほとんどが治ります。
揺れていた歯も、調整した日から1~2週間で治ってしまいます。

しかし、二次性咬合性外傷は、歯槽骨が溶けてしまっているので、治療しても治らない場合が少なくありません。
そうならないためにも、できるだけ早い時期に、歯周病の治療をし、歯槽骨が溶けるのを食い止める必要があります。

 

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

ジェムNEWS 2017年10月号

投稿日:2017.10.30 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2017年10月号 №19

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

治療お疲れさまでした✨

涼しい風が吹くようになり、季節はすっかり秋ですね🍃

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、芸術の秋…○○の秋が色々ありますが、皆様は何の秋がお好みですか

 

 

今月のTOPICS~口臭~

 

 

口臭は、なかなか誰かに相談できず他人にも指摘しづらいデリケートな問題です。

口臭の種類

▶病的口臭:口腔内や全身の疾患によって発生する口臭

*口腔内に原因があるもの→虫歯、歯周病、歯垢、歯石、舌苔

*全身疾患に原因があるもの→胃腸、呼吸器、鼻疾患、糖尿病

▶生理的口臭:起床・空腹・緊張・疲労時など唾液の分泌が低下した時に発生する口臭

▶外因的口臭:ニンニクなどの有臭食品、酒やタバコなどの嗜好品によって発生する口臭

▶内因性口臭:口臭が認められず、本人だけが口臭があると思い込んでいる心因性の口臭

唾液で口臭予防

口腔内には、善玉菌と口臭の原因となる悪玉菌が存在しています。悪玉菌を殺菌、洗浄するのが新鮮な唾液です。新鮮な唾液には中和作用があり、口の中のpHを中性にします。しかし、十分な唾液が分泌されずpHが酸性やアルカリ性に傾いた時に、悪玉菌の活動が活発になり口臭が発生してしまうのです。唾液の質を保てば、口臭は予防できます。

口臭の対処法

食事は良く噛み、唾液の分泌を促しましょう。朝食は必ず食べ、空腹による口腔内の乾燥を防ぎましょう。歯ブラシだけでなく歯間ブラシやフロスも使い、丁寧な歯磨きを行ってください。舌の汚れも除去し、口腔内を清潔に保ちましょう。

リンゴを食べると口臭を抑えることができます。

 

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

2017年 11月19日・12月10日・2018年1月14日

9:30~13:00

 

 

 

 

ジェムNEWS 2017年9月号

投稿日:2017.9.29 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2017年9月号 №18

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

 

日中は夏と変わらないような暑い日もありますが、朝晩は過ごしやすくなってきました🎶

秋は旬の食べ物がたくさんありますね🍇🍎

美味しい物を食べた後は歯磨きも忘れずに行いましょう(*^▽^*)★

 

今月のTOPICS~歯並びに影響する習癖~

 

影響する習癖→歯並びのタイプ

 

口唇の緊張、頬の吸い込み→叢生:歯が凸凹で不揃いな状態

口呼吸、指しゃぶり、舌突出癖→開咬:前歯が噛み合わない状態

口呼吸、低位舌、扁桃腺肥大→受け口:下の歯が上の歯より前にある状態

頬杖、うつ伏せ寝→交叉咬合:上下の歯が前後に交叉している状態

 

 

歯並びが悪くなる原因は癖だけでなく、むし歯や歯周病、成長発育の過不足や歯の形などの遺伝など要因は様々あります。

歯並びは口唇や舌、頬の筋肉の動きと密接な関係があるため、悪習慣がある方はトレーニングによる習癖改善をする必要があります。

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

2017年 10月15日・11月19日・12月10日

9:30~13:00

 

 

 

 

口臭対策 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2017.9.22 | カテゴリー:スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科の菊地です(^^)

 

夏もあっという間に過ぎ去り、過ごしやすい秋がやってきました🍃!
スポーツの秋⚽読書の秋📖食欲の秋🍇芸術の秋🎨など、
何故か秋だけ「○○の秋」といった言葉がありますよね( ^ω^ )
気温的にも過ごしやすくなり、落ち着く季節なのでなにか新しいことを始めるチャンスかもしれません🎶
自分に合った「○○の秋」を見つけて素敵な秋を過ごしたいですね♡

 

 

今月は『口臭』についてお話ししたいと思います。

 

皆様もご存知かと思いますが、口臭とは口腔内や呼気の不快な臭いのことです。

口臭はいくつかに分類されます。

 

▶生理的口臭
健康な人にも起こる口臭で、起床直後・空腹時・緊張時は口臭は強まります。
唾液の分泌が減少し、細菌が繁殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物がたくさん作られるためです。

≪改善方法☝≫
歯みがきで細菌や揮発性硫黄化合物が減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで
唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。そのため治療の必要はありません。

 

▶病的口臭
鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが
原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中に原因があり、
歯周病、むし歯、歯垢、歯石、舌苔、唾液の減少、義歯の清掃不良などがあげられます。

≪改善方法☝≫
病的口臭の場合はとにかく原因になっている病気そのものを治療をすれば口臭が治まることがほとんどなので、
まずは原因となっている病気を治療することを優先しましょう。

 

▶飲食物・嗜好品による口臭
にんにくやネギ、たばこによる一時的な口臭です。

≪改善方法☝≫
時間の経過とともに消失します。治療の必要はありません。

 

▶ストレスによる口臭
ストレスを感じると口の中が乾いたり、胃の調子が悪くなったりすることがあります。
ストレスで唾液が減少すると口の中に細菌がたくさん繁殖してしまい、口臭がきつくなります。
また、胃の働きが低下すると『消化不良』が起こったり、腸の働きが低下すると『下痢』『便秘』などが起こります。
これらの症状は胃や腸で悪臭成分を発生させてしまいますので口臭の原因になります。
この胃や腸で発生した悪臭成分は血液に取り込まれて体全身を巡り、肺を通じてクサい臭いが口から出てしまいます。

≪改善方法☝≫
唾液分泌を促す方法として、『ガムを噛む』『よく噛んで食事する』『酸味のある食べ物を食べる』などがあります。
規則正しい生活や栄養バランスの摂れたお食事、適度な運動を心掛けましょう。

 

▶心理的口臭
自分自身で口臭が強いと思い込んでしまう方がいます。

≪改善方法☝≫
ストレス改善や精神面の安定に心掛けましょう。

 

 

口臭の原因は主に細菌です。特に以下の部位に繁殖しやすいため、
これらの箇所を清潔にすることがとても大切です。

▽歯の表面や歯間部分
歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの中
舌の表面
のど

 

 

毎食後の丁寧なブラッシングと舌磨き、歯科医院への定期的な受診など
日常生活から口臭対策をしていきましょう!!✨

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

裏側矯正をはじめて 6カ月後 ハーフリンガル

投稿日:2017.9.13 | カテゴリー:患者様の声~治療をはじめて~

裏側矯正 6ヵ月後  -ハーフリンガル  20代女性-

 

【発音について】

◇話しにくいと感じた事はありましたか?

はい

◇(“はい”の方)話しにくい言葉は何でしたか?

さ行、は行

◇(“はい”の方)慣れるまでの期間

1ヶ月程度

 

【痛みについて】

《歯》
◇痛みはありましたか?

はい

◇(“はい”の方)どんな時に痛みましたか?
 食事中、疲労がたまっている時

 

《頬・唇》
◇痛みはありましたか?

いいえ

◇(“はい”の方)どんな時に痛みましたか?

 

 

《舌》
◇痛みはありましたか?

いいえ

◇(“はい”の方)どんな時に痛みましたか?

 

 

【6ヵ月経った感想】

自分の目で分かるぐらい歯並びがきれいになっていき、矯正を始めて良かったと強く感じました。

これからもよろしくお願いします。