ジェムNEWS 2018年9月号

投稿日:2018.9.28 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2018年9月号 №30

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

 

治療お疲れ様でした(*^▽^*)

9月に入り猛暑も段々と落ち着いてくるでしょうか。

季節の変わり目は、体調を崩しやすいのでお気を付けください!

 

 

 

今月のTOPICS~親知らずが及ぼす影響

 

ご存知の方も多いかと思いますが、前から数えて8番目に生えてくる歯を親知らず(別名:智歯・第三大臼歯)といいます。おおむねの人が20歳前後に生えてきます。

上下左右4本生える人もいれば、1本も生えない人もいて個人差があります。

 

きちんとまっすぐ生えてくれれば問題ないのですが、現代人は食生活の変化から顎が小さくなり、親知らずが生えるための十分なスペースがないことが多く、このため横向きに生えたり傾いて生えたりすることがあります。

以下の場合は抜いたほうが良いと考えられます。

 

智歯周囲炎

歯並びが悪くなったり、汚れや細菌が溜まると歯茎が腫れ、痛みを引き起こします。

前の歯を押す

親知らずが前の歯を押す事で歯並びが悪くなったり、歯根吸収を引き起こします。

虫歯

磨きづらい親知らずと歯の間に食べかす詰まりやすく虫歯の原因になります。

 

正常に生えている場合や奥歯の状態によっては抜かない方が良いこともありますのでご相談ください♪

 

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

10月14日・11月11日・12月9日

9:30~13:00

 

 

 

不正咬合の起源 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.8.31 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です😆✩

 

今日で8月が終わりですね(´;ω;`)
日が沈むのが早くなり涼しくなりはじめる夏の終わりは毎年寂しくなってしまいます。。。
平成最後の夏、みなさんは満喫されましたか(o^―^o)?

 

先日読んだ東京歯科大学末石教授の「不正咬合の起源はいつか」コラムがとても興味深かったので紹介したいと思います✨

 

人間の歯並びはいつから悪くなったのか、、、
恥ずかしながらそんなこと考えたこともなかったです(^^;)

北京原人は顎が大きく叢生を示す個体が少なく、原始人は硬い肉や木の実を食べるため良い咀嚼機能や噛み合わせをもつ者だけが生存していたそうです。

また、縄文時代の日本人は、歯が小さく咬耗(噛んで歯がすり減ること)により叢生はなかったそうです。

弥生時代になると歯が大きくなり咬耗が減少し、叢生が出現していったとのこと。

 

文明が発達し食材を調理できるようになったり長生きが可能になったことで、咀嚼機能と生存の関係性はなくなったと同時に不正咬合が増えていったという事だったんですね!!

 

縄文時代の人は歯が小さかったというのは初めて知りました😲!!

人間の体の時代に順応して進化していったんですね(*^^*)

 

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

ジェムNEWS 2018年8月号

投稿日:2018.8.31 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2018年8月号 №29

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

治療お疲れさまです🍉

今年の夏は異常な暑さが続いていますね💦

屋外だけでなく屋内でも熱中症になる可能性があるそうなので、屋内にいる場合でも十分に注意してください😲⚠

 

 

 

今月のTOPICS~間食の回数

 

夏休みやお盆休み等で家にいる時間が増えると、間食の回数が増えたり、だらだらと食べていたりしませんか?

普段口の中は中性の状態ですが、食事の度に酸性になり、phが5.5以下になると歯が溶け始めてしまいます(脱灰)。

すると唾液のパワーが働き中性に戻ります(再石灰化)。

しかし、何度も間食をしたりだらだらと食べ続けると、酸性の時間が長くなり歯が溶け続け、むし歯になってしまうのです😨!!!!

食事や間食は決まった時間に食べるようにしましょう⚠

 

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

9月9日・10月14日・11月11日

9:30~13:00

 

 

ジェムNEWS 2018年7月号

投稿日:2018.7.31 | カテゴリー:お知らせ

ジェムNEWS 2018年7月号 №28

発行:日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

 

 

治療お疲れ様でした(*^▽^*)

今年は例年より随分と早く夏がやってきました🍍

夏といえば、花火大会やお祭りですよね!

都内では7/21に足立花火大会、7/28には隅田川花火大会が行われるそうですよ🎆

 

 

 

今月のTOPICS~清涼飲料水に含まれる糖質

 

夏の暑い日には冷たいジュースが飲みたくなりますよね!

熱中症対策のためにも水分補給は必須でとても大切なのですが、ジュースにはどれだけのお砂糖が含まれているかご存知ですか?

ジュースなどの清涼飲料水の成分表示には栄養成分表示というものが書いてあります。

その中に炭水化物という項目があります。これは砂糖も含めた糖質の総量を示している数値です。

炭水化物には糖類以外にも、体に吸収されない食物繊維などノンカロリーの成分も含まれます。

しかし、植物性の原材料がほとんど使われてない商品の場合は、炭水化物の量≒糖質の量ということになります。

 

 

この商品の場合100mlあたり4gで、内容量は500mlなので500÷100×4=20g

1本飲むと角砂糖 約6個摂取することになります。

 

 

以下のよく知られたジュースにもたくさんのお砂糖が含まれています(◎_◎;)

砂糖の取り過ぎは虫歯を誘発するのはもちろん、カロリーの取り過ぎで肥満になります。

ジュースは量や飲む時間を決めて程々にし、お水やお茶で水分補給をするのがベストです!

 

 

 

‐日曜診療のご案内‐

8月5日・9月9日・10月14日

9:30~13:00

 

‐夏期休診のご案内‐

8月10日~8月15日

 

 

 

 

顎関節症 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.7.27 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科の菊地です(^^)

猛暑が続くと思えば、明日は台風12号が接近するそうで💦💦
せっかくの休日ですがお家で安全に過ごしたほうがよさそうですね(>_<)

 

 

『顎関節症』というワードはご存知でしょうか?

 

 

顎関節症の3大要因といわれているのが以下です。

 

・あごが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)
・口が開かない(開口障害)
・あごを動かすと音がする(顎関節雑音)

 

そのため、硬い食べ物が食べづらい、顎の音が気になるなどの症状が現れます。

 

そして原因は様々です。

 

①ストレス
特に女性は男性よりもストレスに敏感であるという特徴があり、無意識に歯を食いしばっている方が多くみられます。
女性は男性よりも顎が小さく、顎の筋肉量も男性より少ないということから、
女性の方が罹患者が2~3倍多く、20~30代がピークとなっています。

 

②ブラキシズム
ブラキシズムとは歯ぎしりや食いしばりのことを指します。
歯ぎしり…睡眠中に歯をすり合わせたり歯を噛み締める。
食いしばり…集中している時や緊張している時に無意識に歯を噛み締める。

 

③顎や筋肉に負担をかける癖や習慣
うつ伏せ寝や頬杖、猫背なども顎関節症の要因となります。

 

④悪い噛み合わせ
悪い噛み合わせは顎関節に負担を与えます。
また偏咀嚼(左右どちらかでばかり噛む癖)やブラキシズムに関連するとも言われています。

 

 

また現代人は生活習慣などから顎が弱くなっている傾向があります。
現代人はハンバーグやスパゲティといった噛む力も噛む回数も少なくて済む洋食を好みます。
そういった生活習慣から顎が運動不足になり筋肉が衰えてしまっていることが考えられます。
そうして顎関節の動きをしっかり支えられることができず、顎関節症を発症します。

 

また、顎の運動不足は脳への血流量も不足させます。
こういったことから集中力が欠如するということにも繋がってしまいます。
それだけでなく、顎が弱いときちんと噛みしめることができないため、
平衡感覚が低下したりと、身体能力にも大きく影響を与えます。

 

小さいうちから歯ごたえのある食べ物や日本食を積極的に食べることや、
悪い噛み合わせは歯列矯正をしてしっかりとした噛み合わせでいることでいることが大切です😁✨

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科