防災グッズに口腔ケア用品を忘れずに ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.10.30 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(*^-^*)

 

ここ最近台風や大雨で各地で大きな被害がありましたね。
テレビ等で被災の映像を見るたびにつらい気持ちになります。
自然災害は本当に恐ろしいですね。

防災グッズを用意されている方も多いかと思います。

水や食料、懐中電灯など避難時に備えておきたいものがあるなかで見落としがちなのが口腔ケアグッズです。

お口の状態は、身体の健康に大きく影響します。

避難所等で歯磨きができないと菌が増え続けむし歯の原因となったり、菌が直接肺に入ることで肺炎を引き起こす可能性もあります。

また口腔内のケアはインフルエンザ予防にもつながりますので、災害時の歯磨きはとても大切なのです。

・歯ブラシ
・歯磨き粉
は最低限準備しておきましょう。

・うがい用コップ
もあればよりいいと思います。

そして、水不足の際に役に立つのが、
・液体歯磨き粉や洗口剤
・歯磨きシート
です。

液体歯磨き粉や洗口剤には殺菌効果があり、お口のなかにいきわたらせることで菌を減らす効果があります。
使用後にお口をすすぐ必要がないため水は必要ありません。

歯磨きシートは指に巻き付けて直接歯をこすることで汚れを落とすことができるので、こちらもお水を使うことなく使用できます。
過去のブログで紹介していますので参考に(http://uragawakyousei.info/blog/staff/2631.html

 

矯正治療中のかたは、
・ワックス
を準備しておくことをオススメします。

口内炎ができた時だけでなく、装置が外れてしまったときに一時的に押さえる応急処置にも使うことができます。

リテーナーや取り外し式の装置をお使いの方は
・ケース
の準備をしておきましょう。

 

備えあれば患いなしです。

災害時のお口と身体の健康と予防につながりますので、防災グッズに口腔ケア用品も忘れずにお願いします。

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

歯の生え変わり ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.9.26 | カテゴリー:スタッフ日記

 

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(*^_^*)✨

 

小学生の患者様のクリーニングをしていると、よくグラグラしている歯を目にすることがあるので
自分もこんな時期があったな~と懐かしく感じます!

グラグラして違和感があって早く抜けて欲しいけど、無理に引っ張るのは怖い、、

 

 

歯の生え変わりは5歳半くらいになるとまず下の前歯が生え変わり、続いて上の前歯が生え変わります。
人によって個人差があるため前後しますが、生え変わりではない歯で、6歳臼歯と言われる第一大臼歯も乳歯の奥に生え始めます。

永久歯のなかで一番溝も深く、形も立派で一番大きく、かみ砕く力も最大といわれています。
また、かみ合わせの中心となり、歯ならびの基礎となる重要な歯です。

 

上下4本の前歯が生え変わったあと、犬歯とその奥の小臼歯が生え変わります。
順番は、上の歯は小臼歯→犬歯、下の歯は犬歯→小臼歯となることが多いです。
上の歯では、犬歯があとから生えるときに十分なスペースがないと八重歯になることがあるなど、生える順番と歯並びは密接に関係しています。

 

そして一番最後に12歳臼歯と言われる一番奥の第二大臼歯が生えてきて、親知らずを除いて全ての永久歯が揃います。
たまに中学生の患者様から親知らずが生えてきましたとお聞きするのですが、これは親知らずではなく第二大臼歯です😊

 

親知らずは早くても18歳頃に生えてくるのが一般的です。

 

歯の生え変わりといっても個人差があるので徐々にグラグラの程度が大きくなって自然に抜けるのを待ちましょう。
生え変わりが遅れて心配される方もいらっしゃるかと思いますが基本的には心配ないかと思います。
わたし自身も12歳臼歯が生えてきたのは中学3年生か高校1年生くらいととても遅かったです(;^ω^)

 

しかし乳歯の下ではなく少し離れて永久歯が生えてきた場合などは何らかの原因でうまく生え変わらないこともあります。
こういった場合は歯科医院で相談してみましょう!!

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

 

歯周病チェック 歯肉をよく観察しましょう ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.8.29 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(^▽^)/!!

 

 

先日電車に乗っていると周囲からいや~な臭いが、、、😨

これはと思い臭いがする方を見てみると、歯周病で歯肉がぶよぶよの方が会話をしていました。。。

職業柄、他人の口元や歯並び、口臭に敏感になりがちで、特に歯周病の臭いというのは独特ですぐわかります。

今すぐ歯医者に行くことを勧めたい気持ちになりましたが、さすがに見ず知らずの人にそんなことは言えず、、、( ノД`)

 

歯周病とむし歯は全く別の原因菌です。
むし歯が全くなく歯が丈夫だと思っていても、歯周病になることは十分にあるのです。

 

歯周病はよほど症状が進行しない限り、痛みや不快感などは感じません。

ですので、気が付いた時には歯周病が進行してしまっていたということが起きてしまいます。

歯周病の初期症状を見つける為には、歯磨きの時などに自分で歯や歯肉を観察するしかありません。
自分の歯や歯肉の状態には気をつけるように習慣づけることが大切です。

歯周病の初期を歯肉炎といいます。
この段階でまず現れる症状は、歯肉の色の変化歯肉の形です。

 

歯に近い部分の歯肉をよく見てください。

健康な歯肉はきれいなピンク色をしていますが、歯肉炎になるとやや紫がかった赤になります。
そして、赤いだけではなく少し腫れてくるのです。

 

とくに歯と歯の間の歯肉を観察してください。

健康な歯肉は引き締まりとんがった三角形をしていますが、歯肉炎の歯肉は丸みをおびてきます。
指で押してみて、ぶよぶよとやわらかい感じがしたら危険信号です。

 

また、リンゴなどの硬い物をかじって血が出たり、歯磨きをしていて血が出るということはありませんか?
こういうものだと思っている人も多いようですが、健康な歯肉ではこのようなことは起こりません。

 

初期の歯周病であれば、歯磨きを丁寧に行い歯肉と歯の間もよく磨くことで、治すことが出来ます。
少しでも歯肉の変化を感じたら歯科医院に受診することをおすすめします。

歯周病は最悪の場合、歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。

日頃からよく歯や歯肉を観察するようにしましょう。

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

ソフトドリンクケトーシス ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.7.30 | カテゴリー:スタッフ日記

 

こんにちは🐻

ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です!

 

 

今年は梅雨が明けるまで時間がかかりましたね(>_<)

待ちに待った夏がやっっと訪れて嬉しい限りです☀

 

 

夏といえば恐いのが熱中症ですよね💦

熱中症対策のためにも大切なの水分補給です。

しかし、、

注意してもらいたいのがペットボトル症候群です!正式には「ソフトドリンクケトーシス」と呼ばれます。

糖を多く含む清涼飲料水(ソフトドリンク)を大量に飲むことで高血糖になり、そのために喉が渇いてまた清涼飲料水を飲むという行為を繰り返し、著しい高血糖となって全身の倦怠感や腹痛、嘔吐などを引き起こします😲

 

実際に清涼飲料水を水代わりのように、1日に2〜3リットル飲む生活をしていた高校生が意識障害で病院に運ばれたケースも報告されているようです。

 

 

このように思って入りよりも遥かに多くジュースには糖分が含まれています(>_<)

 

糖質の過剰摂取が習慣となった人が高血糖の状態になると、のどが渇くためより多くの水分を摂取しようとします。糖質が含まれない水やお茶ではなく清涼飲料水を飲んだ場合、さらに多尿となり、のどが渇くという悪循環に陥ってしまうということが起こるのです。

 

 

ジュースでの糖分の過剰摂取はペットボトル症候群だけでなく、虫歯も誘発させます💦

 

ジュースは量や飲む時間を決めて程々にし、お水やお茶で水分補給をするのがベストです!

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

 

 

 

メタボと歯周病 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.6.25 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(^O^)!!

梅雨の真っ最中。
昨晩は寝苦しく汗をかなりかいていました(^^;)
クーラーをつけるほどの暑さではないですが、ジメジメ湿気は我慢できませんね💦

 

「メタボ」という言葉を聞くとドキッとする方も多いのではないでしょうか?
私もその一人です(笑)

そもそもメタボ、メタボリックシンドロームとは何かご存知でしょうか?

ただ太っているだけではメタボリックシンドロームとは呼びません。

脂肪細胞はアディポネクチンなどの善玉因子と、TNF-αやIL-6などという悪玉因子を分泌します。

内臓肥満になると、内臓の脂肪細胞から悪玉因子がたくさんでてきてしまい、インスリン抵抗性につながり高血糖をもたらします。

さらに脂質異常症、高血圧にもつながり、動脈硬化という血管の老化を起こしやすくします。

結果として、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の発症率が高くなり、この状態をメタボリックシンドロームと言います。

近年、日本人にも肥満の人が増えてきていますが、車社会やデスクワークが中心で運動不足となり、栄養が豊富な現代において、メタボの人が増えていることが問題となっています。

 

日本におけるメタボの診断には、ウエストのサイズが必須条件で、それに加えて、
血圧・血糖・血清脂質のうち2つ以上が基準値を超えていることが条件となっています。

●ウエスト周囲径  男性 ≥ 85cm 女性 ≥ 90cm

以下3項目のうち2項目以上

●高トリグリセリド血症  ≥ 150mg/dL
 かつ/または
 低HDLコレステロール血症 < 40mg/dL

●収縮期(最大)血圧  ≥ 130mmHg
 かつ/または
 拡張期(最小)血圧  ≥ 85mmHg

●空腹時高血糖  ≥ 110mg/dL

 

そんなメタボと歯科、一見関係なさそうですが、実は歯周病と関連があるのです。

米国のメタボの5つの診断基準(ウエスト・中性脂肪・HDLコレステロール・血圧・空腹時血糖値)のうち
4つ以上の項目に当てはまる人は全く当てはまらない人と比べて歯周病のリスクが6.6倍に上昇していることがわかりました。

歯周病の原因菌である「グラム陰性菌」は周囲がリポ多糖で構成されています。
慢性的にリポ多糖の血中濃度が高くなると肝臓や脂肪組織に脂肪が付きやすくなり、インスリン抵抗性が上昇してしまうのです。

メタボの人は歯周病になりやすいということです。

またその逆、歯周病の人もメタボになりやすく悪化しやすいことも明らかになっており、口腔ケアがメタボの予防にもつながのです!!

 

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科