不正咬合の起源 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.8.31 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です😆✩

 

今日で8月が終わりですね(´;ω;`)
日が沈むのが早くなり涼しくなりはじめる夏の終わりは毎年寂しくなってしまいます。。。
平成最後の夏、みなさんは満喫されましたか(o^―^o)?

 

先日読んだ東京歯科大学末石教授の「不正咬合の起源はいつか」コラムがとても興味深かったので紹介したいと思います✨

 

人間の歯並びはいつから悪くなったのか、、、
恥ずかしながらそんなこと考えたこともなかったです(^^;)

北京原人は顎が大きく叢生を示す個体が少なく、原始人は硬い肉や木の実を食べるため良い咀嚼機能や噛み合わせをもつ者だけが生存していたそうです。

また、縄文時代の日本人は、歯が小さく咬耗(噛んで歯がすり減ること)により叢生はなかったそうです。

弥生時代になると歯が大きくなり咬耗が減少し、叢生が出現していったとのこと。

 

文明が発達し食材を調理できるようになったり長生きが可能になったことで、咀嚼機能と生存の関係性はなくなったと同時に不正咬合が増えていったという事だったんですね!!

 

縄文時代の人は歯が小さかったというのは初めて知りました😲!!

人間の体の時代に順応して進化していったんですね(*^^*)

 

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

顎関節症 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.7.27 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科の菊地です(^^)

猛暑が続くと思えば、明日は台風12号が接近するそうで💦💦
せっかくの休日ですがお家で安全に過ごしたほうがよさそうですね(>_<)

 

 

『顎関節症』というワードはご存知でしょうか?

 

 

顎関節症の3大要因といわれているのが以下です。

 

・あごが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)
・口が開かない(開口障害)
・あごを動かすと音がする(顎関節雑音)

 

そのため、硬い食べ物が食べづらい、顎の音が気になるなどの症状が現れます。

 

そして原因は様々です。

 

①ストレス
特に女性は男性よりもストレスに敏感であるという特徴があり、無意識に歯を食いしばっている方が多くみられます。
女性は男性よりも顎が小さく、顎の筋肉量も男性より少ないということから、
女性の方が罹患者が2~3倍多く、20~30代がピークとなっています。

 

②ブラキシズム
ブラキシズムとは歯ぎしりや食いしばりのことを指します。
歯ぎしり…睡眠中に歯をすり合わせたり歯を噛み締める。
食いしばり…集中している時や緊張している時に無意識に歯を噛み締める。

 

③顎や筋肉に負担をかける癖や習慣
うつ伏せ寝や頬杖、猫背なども顎関節症の要因となります。

 

④悪い噛み合わせ
悪い噛み合わせは顎関節に負担を与えます。
また偏咀嚼(左右どちらかでばかり噛む癖)やブラキシズムに関連するとも言われています。

 

 

また現代人は生活習慣などから顎が弱くなっている傾向があります。
現代人はハンバーグやスパゲティといった噛む力も噛む回数も少なくて済む洋食を好みます。
そういった生活習慣から顎が運動不足になり筋肉が衰えてしまっていることが考えられます。
そうして顎関節の動きをしっかり支えられることができず、顎関節症を発症します。

 

また、顎の運動不足は脳への血流量も不足させます。
こういったことから集中力が欠如するということにも繋がってしまいます。
それだけでなく、顎が弱いときちんと噛みしめることができないため、
平衡感覚が低下したりと、身体能力にも大きく影響を与えます。

 

小さいうちから歯ごたえのある食べ物や日本食を積極的に食べることや、
悪い噛み合わせは歯列矯正をしてしっかりとした噛み合わせでいることでいることが大切です😁✨

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

上半期ヒットの洗口液 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.6.29 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です😄♬

 

なんと本日関東で梅雨明けが発表されましたね°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
6月中の梅雨明けは観測史上初めてだそうです!!
早い梅雨明けは嬉しいですが、梅雨入り後もあまり雨が降った記憶がないので、水不足が心配ですね😢💦

 

 

早いもので来月から7月となり、2018年も上半期が終了です。

 

待合室の雑誌コーナーにあります「日経トレンディ」に上半期ヒット商品&下半期ブレイク予測が載っており、
以前、菊地さんがブログで紹介した「NONIO」が上半期ヒット商品として掲載されていました\(^o^)/

口臭化学から生まれた『NONIO』~裏側矯正 東京~

 

 

発売は去年の夏とのことでしたが、洗口液は計画の7割増し歯磨き粉は2割増しと、計画比70%増のヒットだそうです!

 

「口を開けば心が近づく」がキャッチフレーズ。
対人関係がうまくいくというイメージを前面に押し出したところ、若者を中心にヒットしたそうです✨

口の臭いは、自分のはもちろんですが他人のも気になりますよね(^^;)
指摘し辛く聞き辛いデリケートな問題ですので、口臭対策はきちんと行いたいですね。

 

 

また、ブレイク予測ではピュオーラの「泡で出てくるハミガキ」が掲載されていました!
ポンプ式になっており、容器から泡状で出てくるのでそれを直接舌に乗せて口全体に行き渡らせて磨くそうです!!

泡で出てくる石けんはありますが、歯磨き粉まで泡の時代なんですね😲!!!

気になるので見つけたら試してみたいと思います🎶

 

 

記事の全文は是非手にとってチェックしてみてください(^▽^)

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

口輪筋 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.5.30 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

こんにちは!ジェム矯正歯科の菊地です(^^)

夏のように暑い日もありますが、春の過ごしやすい日が続いてますね!
今年は梅雨入り梅雨明けが例年より早まるそうであっという間に夏が来るかもしれないですね🍍

冬に甘やかせてしまった体を引き締めるために軽い食事制限と寝る前の筋トレをしているのですが
すぐには結果は出ませんね💦折れずにコツコツ頑張りたいと思います(;^ω^)

 

 

筋トレといばお口の周りにも様々な筋肉があります✨

 

 

 

口輪筋は口の周りをぐるりと取り囲んでいる筋肉です。
口を開けたり閉じたり、唇を前に尖らせたり、内側に引っ込めたりと口の動きに関わっています。

口を閉鎖し、食べ物が外に漏れるのを防いだり、口元部分の顔の表情を作る働きもあります。

 

口輪筋が弱くなると、口角が下がり口元のはりを失わせ、たるませてしまいます。
これがほうれい線が目立つようになる原因にもなります。

 

口輪筋を鍛えると以下のような効果があります😊

○小顔効果
○美肌効果
○ほうれい線解消
○口呼吸解消
○唇の血色が良くなる
○血行改善
○顔のむくみ解消
○いびき改善
○口臭改善(口内環境改善)
○滑舌改善

 

 

口輪筋以外にもお顔にはたくさんの筋肉があります。

<頬筋(きょうきん)>
 頬を膨らませたり、凹ませたりする時に動かす筋肉で、顎や口輪筋と連動しています。

<大頬骨筋(だいきょうこつきん)>
 口角を上に上げる時に使う筋肉。

<オトガイ筋>
 顎から下唇にかけて伸びている筋肉で、顎のたるみに深く関わっています。

<顎舌滑筋(がくぜっこつきん)>
 舌を持ち上げる時に使う筋肉。

 

 

口輪筋を鍛える方法は様々あるのですが、このトレーニングは何も使用せずできる方法なので私もたまに実践しています!

<舌回しトレーニング>
1.お口を自然に閉じます
2.舌を歯の外側に当てるようにして歯茎をなぞります。
3.左右10回×2セット行います。
(慣れてきたら回数を増やしてもOKです。)

 

 

おうちにあるものでできるトレーニングもあります。

<ペットボトルを使った口輪筋トレーニング>
1. 500mlの空のペットボトルを用意し、中に100~200CC程度の水を入れる。
2. 歯を使わないように注意しながら唇の力だけで持ち上げ、そのまま10秒間キープする。
(10秒以上できるなら、限界まで続けてもOK!)
3. これを3回1セットとして、1日2セット行う。

 

 

<割り箸を使った口輪筋トレーニング>
1. 横向きにした割り箸を、歯を使わないように注意しながら唇で咥える。
2. できるだけ口角を上げ、割り箸よりラインが上になるようにする。
3. そのまま10~30秒、限界までキープする。
4. これを3回1セットとして、1日3~5回ほど行う。

 

やりすぎてしまうと、ゴリラのような口元になってしまう可能性もあるので
ほどよく鍛えるのがベストですね(*^_^*)

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

歯科医院での定期検診 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.4.27 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です☻❤

 

もうすぐGWですね🎏!!
皆様はどこが出かける予定はありますか(o^―^o)?
この時期は暖かくて過ごしやすくお出かけにはピッタリですよね🎶
お天気が少し心配ですが😩

 

 

皆さんは歯科医院への定期検診に行っていますか☺?

 

むし歯や歯周病を予防するポイントは、歯磨きにより汚れを落とし、食べカスや歯垢を溜めないことです。
しかし、口の中は自分ではなかなか見づらい所が多いです。

 

歯ブラシが届きにくく磨いているつもりでも磨き残しができてしまっている場合があります。

また、初期のむし歯などは見つけだすのは難しいでしょう。

こうしたことからセルフケアや自己チェックには限界がありますので歯科医院で定期的に検診をうけましょう!!

 

☝定期検診の目的
定期検診は「一生自分の歯で食事できる」を目標に歯の健康維持と再発防止、早期治療を行なうことを目的としています。
歯を失ったり残り少なくなった方は、これ以上歯の本数が減らないようそのままで維持するために、歯のクリーニングや入れ歯の調整を行います。

また、むし歯や歯周病が発症する前の、潜伏期や初期の症状のうちに発見し、予防処置を行います。

これにより、自分の歯を生涯健康に保つ可能性が高くなります。

 

☝定期健診の重要性
丁寧に磨いているつもりでも、歯ブラシが届いていなかったり自分では落とせない部分ができてしまいます。
そして、むし歯や歯周病の初期では自分では気づかないうちに進行し、自覚症状が出たときにはかなり重症となっている可能性があり治療回数も多くなります。
定期検診による、歯のクリーニングやむし歯や歯周病の早期発見はとても重要です。

 

☝定期検診の内容
定期検診で行う内容は歯科医院によって様々ですが、一般的なものを紹介します。

☆むし歯、歯周病、噛み合わせなどのチェック
☆磨き残しの部分や歯磨きの確認、歯磨き指導
☆歯のクリーニング
☆フッ素塗布

時間は約30分~1時間程度です。
もし、むし歯などが見つかれば治療を行います。

 

歯科医院には、歯が痛くなったり悪くなってから行く方がほとんどだと思います。
しかし、歯や歯肉は悪くなってから治療すると、時間や費用も多くかかります。

 

欧米では歯科医院は治療のためではなく予防のために行く場所という概念が強いそうです。
プロによるチェックとケアを定期的に受け、口の健康を維持しましょう!!

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科