スポーツと歯 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2020.1.23 | カテゴリー:スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です😃

あけましておめでとうございます🎍本年もよろしくお願いいたします!

 

今年は暖冬で例年よりは寒さが和らいでいますが、インフルエンザは変わらず流行していますので
手洗いうがいを徹底して、水分をたくさん摂りましょう😊

 

 

今年はいよいよ東京オリンピックが開催されますね!
自国開催されることはなかなか貴重かと思いますので、はりきって応援したいですね✨

 

スポーツと歯、、関係ないようで意外と密接な関係があるんです!
昨年話題となったラグビーワールドカップでも選手の方たちがマウスガードをつけているのを目にした方も多いかとおもいます(*^▽^*)

 

歯を噛み締めることで、筋力が4~6%程度アップすると言われています。
一見少ないように思えますが、トップアスリートともなると1%上げることも大変です。
例えばラグビーの五郎丸選手。あの独特のポーズを取ってからボールを蹴っていますよね。
蹴るや走るなどの動的な動きに移る前に、構えるという静的な動きを取るのですが、その時にキチンと歯を噛み締めていると、姿勢が安定するのです。
体の重心が狂ってしまうと運動能力に影響があるため、姿勢を整えることはとても重要です。
サッカー選手が試合中にガムが噛んでいるのもこういった意味があるそうです!

 

噛みしめることで歯が咬耗してきてしまうため、マウスピースで歯を保護することも大切です。
スポーツ歯学では、マウスピースを使用することによって、脳震盪が起きるのが軽減されると言われています。
ボクシングなどでは、横から殴られると脳震盪を起こしやすく、これはヘルメットを被っていても防ぐことはできません。
でもマウスピースを噛むと咬筋という首の筋肉に力が入って固くなり、首が安定します。

 

このようにしっかりとした噛み合わせを得ることで運動機能が活発になります。
またマウスピース(マウスガード)を使用することで、けがや脳震盪の予防だけでなく、食いしばりの緩衝の効果が期待できます😃

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

メスマウス 薬物と歯 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.11.21 | カテゴリー:スタッフ日記

 

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(*^_^*)❁

今年も残すところあと一か月ですね😲
この前まで夏だったな~と思えばあっという間すぎて驚きます💦

 

 

今年は芸能人の薬物のニュースが多かったように感じます。。

薬物=危険・怖い等いろんなイメージがあるかと思います。

薬物は一度使用したらやめられなくなったり、うつ状態になるなど様々な悪影響を及ぼしますが、
体だけでなく口腔内にも大きな悪影響を及ぼします。

薬物を乱用している人の口腔内の症状を『メスマウス』と言います。

 

覚醒剤は歯を溶かす強い酸性でできています。
この酸性の不純物が、歯肉や歯の表面を腐食し、炎症を起こします。

また覚醒剤の薬理作用による唾液分泌抑制現象と口渇(口腔内乾燥)のため、歯周保護作用が失われます。

唾液には口腔内を酸性から中性にする緩衝作用やプラーク等を洗い流す自浄作用があり、口腔内を守る役割を担っています。

他にも唾液には様々なパワーがありますが、これについては作野さんが以前に取り上げていますのでコチラへ!

 

薬物乱用者は食欲がなくなりますが不意に甘いものが欲しくなったりします。
そして甘いものが余計においしく感じることが多く、喉が乾きやすいため、コーラなど甘い飲料をガブ飲みする傾向があります。
こうした糖分の多い炭酸飲料も虫歯の原因となります。

抑うつ状態から生活も乱れ、歯磨きをする習慣がなくなり、口腔は不衛生な状態が続きます。

また薬物がきれてきて禁断症状を起こすと強い歯ぎしりを起こします。
これはとても強い力がかかるため歯の摩耗、亀裂を誘発します。よって噛み合わせが崩壊してしまいます。

こうした負の連鎖から歯がボロボロになってしまうのです😱

身も心も壊してしまう薬物です。興味本位でも絶対にいけません。

 

薬物 ダメゼッタイ🙅!!

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

防災グッズに口腔ケア用品を忘れずに ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.10.30 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(*^-^*)

 

ここ最近台風や大雨で各地で大きな被害がありましたね。
テレビ等で被災の映像を見るたびにつらい気持ちになります。
自然災害は本当に恐ろしいですね。

防災グッズを用意されている方も多いかと思います。

水や食料、懐中電灯など避難時に備えておきたいものがあるなかで見落としがちなのが口腔ケアグッズです。

お口の状態は、身体の健康に大きく影響します。

避難所等で歯磨きができないと菌が増え続けむし歯の原因となったり、菌が直接肺に入ることで肺炎を引き起こす可能性もあります。

また口腔内のケアはインフルエンザ予防にもつながりますので、災害時の歯磨きはとても大切なのです。

・歯ブラシ
・歯磨き粉
は最低限準備しておきましょう。

・うがい用コップ
もあればよりいいと思います。

そして、水不足の際に役に立つのが、
・液体歯磨き粉や洗口剤
・歯磨きシート
です。

液体歯磨き粉や洗口剤には殺菌効果があり、お口のなかにいきわたらせることで菌を減らす効果があります。
使用後にお口をすすぐ必要がないため水は必要ありません。

歯磨きシートは指に巻き付けて直接歯をこすることで汚れを落とすことができるので、こちらもお水を使うことなく使用できます。
過去のブログで紹介していますので参考に(http://uragawakyousei.info/blog/staff/2631.html

 

矯正治療中のかたは、
・ワックス
を準備しておくことをオススメします。

口内炎ができた時だけでなく、装置が外れてしまったときに一時的に押さえる応急処置にも使うことができます。

リテーナーや取り外し式の装置をお使いの方は
・ケース
の準備をしておきましょう。

 

備えあれば患いなしです。

災害時のお口と身体の健康と予防につながりますので、防災グッズに口腔ケア用品も忘れずにお願いします。

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

歯の生え変わり ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.9.26 | カテゴリー:スタッフ日記

 

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(*^_^*)✨

 

小学生の患者様のクリーニングをしていると、よくグラグラしている歯を目にすることがあるので
自分もこんな時期があったな~と懐かしく感じます!

グラグラして違和感があって早く抜けて欲しいけど、無理に引っ張るのは怖い、、

 

 

歯の生え変わりは5歳半くらいになるとまず下の前歯が生え変わり、続いて上の前歯が生え変わります。
人によって個人差があるため前後しますが、生え変わりではない歯で、6歳臼歯と言われる第一大臼歯も乳歯の奥に生え始めます。

永久歯のなかで一番溝も深く、形も立派で一番大きく、かみ砕く力も最大といわれています。
また、かみ合わせの中心となり、歯ならびの基礎となる重要な歯です。

 

上下4本の前歯が生え変わったあと、犬歯とその奥の小臼歯が生え変わります。
順番は、上の歯は小臼歯→犬歯、下の歯は犬歯→小臼歯となることが多いです。
上の歯では、犬歯があとから生えるときに十分なスペースがないと八重歯になることがあるなど、生える順番と歯並びは密接に関係しています。

 

そして一番最後に12歳臼歯と言われる一番奥の第二大臼歯が生えてきて、親知らずを除いて全ての永久歯が揃います。
たまに中学生の患者様から親知らずが生えてきましたとお聞きするのですが、これは親知らずではなく第二大臼歯です😊

 

親知らずは早くても18歳頃に生えてくるのが一般的です。

 

歯の生え変わりといっても個人差があるので徐々にグラグラの程度が大きくなって自然に抜けるのを待ちましょう。
生え変わりが遅れて心配される方もいらっしゃるかと思いますが基本的には心配ないかと思います。
わたし自身も12歳臼歯が生えてきたのは中学3年生か高校1年生くらいととても遅かったです(;^ω^)

 

しかし乳歯の下ではなく少し離れて永久歯が生えてきた場合などは何らかの原因でうまく生え変わらないこともあります。
こういった場合は歯科医院で相談してみましょう!!

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

 

歯周病チェック 歯肉をよく観察しましょう ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.8.29 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(^▽^)/!!

 

 

先日電車に乗っていると周囲からいや~な臭いが、、、😨

これはと思い臭いがする方を見てみると、歯周病で歯肉がぶよぶよの方が会話をしていました。。。

職業柄、他人の口元や歯並び、口臭に敏感になりがちで、特に歯周病の臭いというのは独特ですぐわかります。

今すぐ歯医者に行くことを勧めたい気持ちになりましたが、さすがに見ず知らずの人にそんなことは言えず、、、( ノД`)

 

歯周病とむし歯は全く別の原因菌です。
むし歯が全くなく歯が丈夫だと思っていても、歯周病になることは十分にあるのです。

 

歯周病はよほど症状が進行しない限り、痛みや不快感などは感じません。

ですので、気が付いた時には歯周病が進行してしまっていたということが起きてしまいます。

歯周病の初期症状を見つける為には、歯磨きの時などに自分で歯や歯肉を観察するしかありません。
自分の歯や歯肉の状態には気をつけるように習慣づけることが大切です。

歯周病の初期を歯肉炎といいます。
この段階でまず現れる症状は、歯肉の色の変化歯肉の形です。

 

歯に近い部分の歯肉をよく見てください。

健康な歯肉はきれいなピンク色をしていますが、歯肉炎になるとやや紫がかった赤になります。
そして、赤いだけではなく少し腫れてくるのです。

 

とくに歯と歯の間の歯肉を観察してください。

健康な歯肉は引き締まりとんがった三角形をしていますが、歯肉炎の歯肉は丸みをおびてきます。
指で押してみて、ぶよぶよとやわらかい感じがしたら危険信号です。

 

また、リンゴなどの硬い物をかじって血が出たり、歯磨きをしていて血が出るということはありませんか?
こういうものだと思っている人も多いようですが、健康な歯肉ではこのようなことは起こりません。

 

初期の歯周病であれば、歯磨きを丁寧に行い歯肉と歯の間もよく磨くことで、治すことが出来ます。
少しでも歯肉の変化を感じたら歯科医院に受診することをおすすめします。

歯周病は最悪の場合、歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。

日頃からよく歯や歯肉を観察するようにしましょう。

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科