矯正治療中の痛み 歯が動くメカニズム ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.4.23 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(*’▽’)

 

矯正治療を始める際に患者様が不安に感じていることで、よく聞かれるのが治療中の痛みについてです。

私も矯正治療中は痛みに悩まされました(^^;)

 

矯正治療がスタートし装置がつくと痛みがでる可能性があり、痛みの種類には2種類あります。

 

歯が動く痛みと装置と頬や唇がこすれる痛みです。

 

歯が動く痛みの原因は、歯が動く仕組みに関係しています。

歯が動くと痛みがでるメカニズムをこちらのYouTubeで説明しております。
是非参考にしてみてください。

https://youtu.be/9Kru2iRF69s

 

矯正治療は、このような骨の代謝機能を利用して歯を移動します。

緩やかな力を加えることで骨の代謝を促すため、矯正には時間がかかるのです。

 

代謝機能により、歯は1ヵ月で約0.3ミリ移動することができます。

 

また、歯が動くときにつながったままの血管や神経が引き伸ばされて、血行が悪くなります。

すると血管内に老廃物がたまって、一時的にジンジンとしびれるような痛みが生じる場合があります。

血の流れがよくなると老廃物も流れていくので、痛みは治まります。

 

歯の動く痛みは調整後、約5~6時間後に発生し、約2~3日後をピークに1週間程かけてだんだん痛みは治まります。

一度痛みが治まれば基本的に次回の調整日まで痛みが生じることはありません。

また、調整を繰り返すと痛みにも慣れてきますので、矯正治療が進むと初期のような痛みもなくなる方がほとんどです。

 

歯の動く痛みは、むし歯の痛みのようなキーンとした痛みではなく、圧迫されてむず痒いような痛みです。

もし、痛みが我慢できない場合は、鎮痛剤を服用してください☆

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

花粉症と歯周病 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.3.27 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科の菊地です(^^)

 

暖かく過ごしやすい季節になってきました😊
しかし、、この時期に苦しめられるのが花粉症ですよね(>_<)💦

 

実は花粉症と歯周病は密接な関係があります。

 

花粉症の主な症状の1つが、鼻水・鼻づまりがありますが、
ひどくなると、鼻で息ができないという人も多いのではないでしょうか?

 

この症状こそが、歯周病を招く原因のひとつになります。
鼻呼吸ができないと、自然と口呼吸になってしまいますよね。
そうすると、口の中がカラカラに乾いてきます。
お口の中にいる菌は乾燥状態で繁殖しやすいため、その状態が続くと歯の周りに歯垢が付きやすくなり、歯周病の原因となります。
また、花粉症の薬には唾液の分泌を抑制するものが多いのも原因の一つです😭

 

 

そうならないためにも!お口の中の潤いを保たせ、乾燥させないことが大切です✨

▼マスクの着用

▼ガムを噛んで唾液を促す

▼こまめな水分補給

▼唾液腺マッサージで唾液を促す

 

 

 

 

以上の対策をしてこの季節を乗り越えましょう!!

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

口腔癌 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.2.22 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
日本橋人形町ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です(*’ω’*)

 

 

だんだんと暖かい日が増えてきましたね!(^^)!
先日お昼休みに日本橋三越に行ったら松任谷由実さんの「春よ来い」をパイプオルガンで演奏していました♪
冬が嫌いなので春が近づいてとても嬉しいです!!

 

 

堀ちえみさんが口腔がんであることを公表されましたね。

 

口腔癌は全ての癌の中での割合は、約2~3%のまれな癌です。
早期で治療すれば約80%が治るとされ、約60%が完治に期待できるとされています。
口腔癌で亡くなる人は、1年で約7500人です。
女性より男性に多く、年齢では40歳~60歳に多く見られますが、最近では20~30歳代の若い人にも増えています。

 

口腔癌は、口腔内にできる癌の総称であり、発生する場所によって名称がわけられています。
舌癌、歯肉癌、口腔底癌、頬粘膜癌、硬口蓋癌、口唇癌などがあります。
この中でも日本で最も多いのが舌にできる舌癌であり、口腔癌の約60%を占めています。
口腔癌は顎の下や首のリンパ節へ転移しやすく、特に舌にはたくさんのリンパ節があるため、舌癌が見つかるとすでにリンパ節へ転移しているということが多いです。

堀ちえみさんもこのケースだったようですね。

 

口腔癌発生の最大の原因は、たばことお酒です。

 

たばこにはニコチンやタールなど多数の発癌性物質が含まれており、口腔癌だけでなく様々な癌の原因になります。
特に、若いうちから長期間にわたって喫煙している方は口腔癌の危険度がとても高くなります。
禁煙によって発癌性物質の摂取をやめることで、口腔がん発症の危険性や死亡率は減少します。
また、たばことお酒を同時に摂取すると、たばこの発癌性物質をお酒が溶かし口腔内に吸収しやすくしてしまい、口腔癌の発生率は更に高くなります。

 

舌に刺激を与えることも原因となります。
合わない入れ歯や詰め物、尖った歯、歯並びが悪く傾いた歯にいつも舌が当たる、いつも同じ歯で舌を噛んでしまう、など口腔内の粘膜に慢性的な刺激がある場合も口腔癌の原因になると指摘されています。

 

口腔がんの予防法として、まずはたばことお酒を控えることです。

そして、口腔内をいつも清潔に保ち、粘膜に慢性的な刺激を与えないようにしましょう。

また、口の中は自分で簡単にチェックできるため、何か異常がないかセルフチェックを行いましょう。
発見が遅れると命に関わることはもちろん、もし一命をとりとめたとしても機能障害で術後の生活に大きな悪影響を与えてしまいます。

 

予防と早期発見が大切です!!

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

咬筋マッサージ ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.1.29 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(^^)

2019年が始まり早くも1か月ですね😱
本年もジェム矯正歯科を宜しくお願い致します。

 

インフルエンザが大流行しているようです(>_<)💦
手洗いうがいは予防の基本になりますが、歯磨きも大変効果的な予防法になります✨
就寝前、起床後のブラッシングを徹底し、柔らかい歯ブラシで舌も磨くようにすると予防効果UPですよ😆

 

 

前回に引き続き噛むときに使われている咀嚼筋についてお話しします。

 

咀嚼筋の中でも咬筋はものを噛むときに主に使用されている筋肉で、
凝り固まると顔のエラや顔のむくみの原因となります。

 

 

特に寝ている時に歯ぎしりをしたり、集中している時に食いしばっていたりすると咬筋が硬くなりやすいです。
なかなか自身の癖に気づくのは難しいですが、意識してみるとふと気づくかもしれません。

 

咬筋が凝り固まっていると、咬筋と繋がっている頬骨が前に出てきてしまいます。
また人の輪郭は『V』になっていますが、顔のエラが張ってくると輪郭が四角くなってきます。
さらに咬筋が硬くなることによって頬の骨が下がってきて、筋肉も一緒に落ちてきます。
それによってほうれい線もできやすくなり、老け顔の印象が強くなります。

 

このように咬筋が凝り固まることによって起きる弊害はたくさんありますが、
反すと咬筋の凝りをほぐしてあげることによって得られる効果はたくさんあります😃🎶

 

 

◆咬筋マッサージ◆

①両耳たぶを指でつまみ、後ろに回しましょう。
耳と咬筋は筋肉で繋がっているため耳が振動されることによって咬筋にも振動されます。

 

 

②両手で拳を作り、内側を咬筋に当て円を描くようにして指の骨でほぐします。
1回60秒ほど行いましょう。

咬筋の位置がわからなくなった場合は、フェイスライン(耳の手前付近)を触り、グッと食いしばると盛り上がる筋肉が咬筋です。

 

 

ほぐしてあげることによって顔のたるみやエラの改善が得られ小顔効果やリフトアップ効果が期待できます。

 

どれも簡単にできるものなので湯船につかっている時やテレビを見ながらなど皆様もぜひやってみてください(^O^)/

 

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科

 

 

正しい舌の位置 年末年始休診のお知らせ ~裏側矯正 東京~

投稿日:2018.12.25 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です( *´艸`)

 

 

2018年もあとわずかとなりました!!
先日、今年の漢字が発表されましたが、今年は台風や地震、猛暑などいろいろあり「災」でしたね!!
自然だと発生を止めることはできないので、事前の対策や事後の対応を考えていかなくてはいけないですね。

 

 

みなさんはテレビを見ている時や電車に乗っている時など何気ない時間を過ごしている時、舌はどこの位置にありますか?
普段、舌がどこにあるかなど、あまり気にしたことがない方がほとんどだと思います。
実は、舌には正しい位置というのがあります!

 

正しい舌の位置は、舌の先が上顎の歯の付け根(この位置をスポットと呼びます)にあり、上顎にピッタリと舌がくっつきます。
舌は歯に触れていない状態です。
そして、唾を飲み込む時も舌が歯に触れてはいけません。

 

これが正しい舌の位置です。

 

この位置以外の場所に舌があった場合、舌癖に該当します。

 

舌が上顎ではなく下顎についていたという方。
これは、舌の位置が落ちている「低位舌」と呼ばれます。

舌が下がると、舌の付いている骨(舌骨)の位置が変わります。
すると周りの筋肉のバランスが崩れます。
そして、舌が上顎に付いていない為、上顎が狭くなり歯並びが悪くなります。
顎の位置も変わり、気道が狭くなります。
そして、唇が開き口呼吸やイビキの原因にもなります。

舌が正しい位置にあれば、上下の歯がしっかりと噛み合います。
また、舌が口の中の空気の通る道をふさぐことで、口で呼吸したくてもできません。

 

舌が正しい位置にあると、自然と鼻呼吸になります。

 

また、口の中の容積は最小になるので、唾液の蒸発を防ぎ口腔内のうるおいを保ち、細菌やウイルスなどの病原体を打ち負かしやすい状態になります。

 

低位舌は口呼吸の原因となります。
また、舌が下がることで二重あごにもつながります。

 

舌癖のある方は、正しい舌の位置を意識して過ごしてみましょう!!

 

 

 

12月27日から1月6日まで休診いたします。

上記の期間、お電話での対応はできかねますので、矯正相談のご予約やお問い合わせはメールフォームよりお待ちしております。

ご不便おかけしますがご了承ください。

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科