スポーツと歯 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2017.4.28 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です🎏

 

もうすぐ大型連休GW♪
この時期は過ごしやすい気温でお出かけには最適ですよね!!

 

暖かくなると外に出て身体を動かしたくなりませんか?
また夏にむけて、冬の間に育んだわがままボディをなんとかしたいと思ったり、、、(^▽^;)

 

今日は運動やスポーツと歯の関係についてお話したいと思います♪

 

人は飲食時、口を閉じて上下の歯をくっつけて飲み込んでいます!
試しに、口を開けて歯をくっつけないで、唾を飲み込んでみてください。

、、、、

難しいですよね(^^;??
飲み込むことは、困難なはずです!!

 

また、飲み込む時だけでなく瞬発的に力を入れる時なども、口を閉じてしっかり奥歯を噛みしめています(`・∀・´)

 

歯がないと力が最大限に発揮されないのです!!

 

一流選手の条件は歯が丈夫であると言えるほど、スポーツ選手にとって歯は命です。

歯への負担、カのかかり具合(咬合力・咬合圧)は、スポーツの種類と内容によって違いますが、
瞬間に筋肉の力を最大限に発揮することを要求されるスポーツにおいては、その依存度は明確です☆彡

 

スポーツと歯は密接に関係しているのです!!

 

歯を食いしばった時、およそ自分の体重ほどの力が奥歯にかかっています(゚д゚)!

 

一流のスポーツ選手は更に大きな力が歯にかかっており、野球選手がホームランを打つ時には90キロを超える力がかかっているとも言われていますΣ(・ω・ノ)ノ!

これだけの力がかかると歯への負担も大きくなるため、歯を守ることも重要になってきます。

 

スポーツをする方の歯を守るマウスピースがあります。

スポーツ中に起こる口の怪我を防ぎ、大切な歯を守ってくれます。

 

体を接触させる機会の多い激しいスポーツは、歯が折れたり、口の中が傷ついたり、あごや顔面に損傷を受ける危険性があり、スポーツ事故を防止するために、マウスピースの装着が義務付けられているスポーツもあります。

 

ボクシングの試合などでマウスピースをつけているのを見たことある方も多いはず♪

 

歯が無いと食事ができないだけでなくスポーツ選手にとって大切な力が入りませんから、丈夫な歯はとても大切なんです☆彡
またしっかりと噛み合っていることも重要なポイントです(*^^*)

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 最新インコグニート 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科