DMF歯数 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2016.4.18 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の作野です!!

 

 

熊本九州での大きな地震心配ですね。
大きな余震が続いていて連日の報道に胸がしめつけられる想いです。
大したことはできないですが、なにかできることから協力できればと思います。

 

 

 

みなさんはDMF歯数(DMFT)という言葉を聞いたことがありますか?

歯科の専門用語で、永久歯のう蝕経験の総量を知るために用いられる指標のことです。

「D」(decayed teethの略)
→未処置う蝕歯

「M」(missing teethの略)
→う蝕が原因で抜去した歯

「F」(filled teethの略)
→う蝕が原因で処置した歯

「T」(permanent toothの略)

そして、この指標によって判定したそれぞれの歯の本数の合計をDMF歯数といいます。

 

例えば、

治療していないむし歯が1本、むし歯で抜歯した歯が1本、むし歯治療した歯が1本の場合、
DMF歯数は「3」となります!(^^)!

 

DMF歯数が少ない方がむし歯の経験が少ないということです。

 

 

平成27年度学校保健統計調査が文科省より公表され、
12歳の永久歯の1人当たりの平均DMF歯数が0.90本と過去最低の数値だったそうです!!

1人あたり1本きったということになりますね!!

この調査を開始した昭和59年は4.75本で、年々減少を続けているそうです。

 

 

私が小学生の頃は恥ずかしながらむし歯治療をした歯がいくつかありました(^^;

1度むし歯になってしまった歯が治療が済んでいても、2次カリエス等トラブルがつきもの、、、
むし歯は予防が重要です!!

 

定期的な検診やフッ素塗布等、小さいうちから口腔ケアの大切さを教え習慣化させることが大切ですね☆彡

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科