歯科 歯磨き粉 アレルギー ~裏側矯正 東京~

投稿日:2015.5.14 | カテゴリー:ジェムブログ

こんにちは、gem矯正歯科の白川です。

アレルギーって今では、よく耳にする言葉ですよね!

アレルギーは沢山の種類があり、花粉症もその一つです。

 

私たちの体には、細菌やウイルスなどの病原体が入ってきたとき、それらを除いて体を守る「免疫」という働きがあります。

ところが、この免疫が食べ物や花粉などに過剰に反応してしまうことがあります。

これを「アレルギー反応」と呼びます。

歯科に関係があるアレルギーは、金属アレルギーやラテックスゴムアレルギー、歯磨き粉アレルギーなどがあります。

詰め物や被せ物に使用する金属が反応してしまう金属アレルギーが多いです。

 

また、矯正歯科の場合、金属のブラケットやワイヤー、バンドなどが金属の材料も多いので、金属アレルギーをお持ちの場合は

矯正治療を始める前に検査が必要になることもあります。

ただ、以前から金属の詰め物が入っていたり、反応の程度が小さい方は金属の装置を使用しても症状がでないことも。

 

他にも寒天アレルギーや、シリコンアレルギーなどの方も。

歯科の材料には、寒天やシリコンが含まれていることがあるので、アレルギーをお持ちの場合は、初診時にその旨、スタッフに伝えておくか問診票に記入しておくと安心ですね。

 

私は妊娠中に金属アレルギーになりましたが、今は問題ありません。

アレルギーは突然やってくるようです。

 

中でも歯磨き粉アレルギーは厄介ですね。

歯磨き粉は、ほとんどの方が毎日使用していると思うのですが、歯磨き粉には沢山の成分が入っています。

アレルギー物質を特定するのも大変な上、自分に合う歯磨剤を探したり、体調によっては普段使っている歯磨剤も合わなくなったり・・・

私も歯磨剤によっては、口の中の粘膜がベロベロにむけてしまったり、舌がピリピリしてしまうことがあります。

歯磨き粉アレルギーの場合、口の中や歯肉、口の周りの皮膚や唇に症状がでることも。

お口に合わない事がありましたが、歯磨きの使用を止め様子をみましょう。

歯磨剤を使用しない場合は、むし歯予防の為に歯磨き後にフッ素を塗ることが有効です。

 

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 最新インコグニート 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科