Colgate OPTIC WHITE 海外の歯磨き粉 ~裏側矯正 東京~

投稿日:2019.5.30 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(^^)☀

 

最近の日中は春を通り越して真夏のような日が続いていますね!
急な気温の変化にやられたのか、風邪にかかってしまい絶賛鼻声です(;O;)
皆様もお気を付けくださいね(>_<)!!

 

 

少し前に海外に行く機会があり、毎回恒例またまた海外の歯磨き粉を購入したのでそちらをご紹介致します😊

1年ほど前にもご紹介した『colgate』という歯磨き粉のホワイトニングシリーズのものを買ってみました!!

前回の記事はコチラ

 

 

 

OPTIC WHITEのシリーズには4種類あるようで、、

ハイインパクトホワイト(目に見える白さを求める人に)
エクスプレスホワイト(3日以内に白くする)
ラスティングホワイト(白さをキープする)
トゥースペースト(普段使いの歯磨き粉)

 

私はハイインパクトを購入しました!完全に名前に惹かれました(笑)

 

 

 

 

気になる使用感ですが、日本の歯磨き粉では感じないような刺激感といいますか、独特の辛みがあります。

大人の方でも苦手な方がいそうなくらいの刺激感です💦

リステリンに少し味が似ているような、、?

磨いた後はとてもすっきりし爽快感が感じられ、歯がツルツルします。

 

 

 

日本の歯磨き粉でもホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉はたくさんありますが、
実は日本で市販されている歯磨き粉には、プラーク(汚れ)やステイン(着色)を除去して表面を綺麗にする効果はありますが、ホワイトニングの様に歯を白くすることはできません。

 

ホワイトニングでは、薬剤の主成分の過酸化水素や過酸化尿素を使用し、有機性着色物(汚れ・着色)を分解して無色化し、漂白効果を発揮します。

ホワイトニング=漂白が出来てこそ、歯が白くなるのです!

 

しかし、日本の歯磨き粉にはこの漂白効果を発揮できる過酸化物が配合されていないため、歯の色自体を白くすることはできません。

 

 

日本は薬事法が厳しく、今もそれが適応されているからです。

欧米諸国では、「ホワイトニング成分は適量で適切に歯磨き粉として調合されたものを使用すれば安全に白い歯にできる」という事が100年以上のホワイトニング治療の歴史により認められているので、市販でも過酸化尿素などのホワイトニング成分が入った歯磨き粉が販売されています。

 

 

アメリカで市販されているホワイトニング歯磨き粉には、日本の薬事法では認められていない「過酸化水素」という漂白成分が含まれています。

だからこそ、使い続けると日本で手に入るものとは違って、少しずつ白い歯になるのですが、エナメル質が厚い欧米人向けに作られているため、
刺激が強いことや、日本の法律上許可されていない=日本では安全性が認められていないということになります。。

使用の際は自己責任でお願いします😭

 

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH菊地

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科