目立たない矯正と裏側矯正装置の紹介・比較

見えない裏側矯正と各種矯正装置を比較しながらご案内。

裏側矯正

1,000,000円(税別)

stb1審美性・・・歯の裏側に装置をつけるためほとんど見えません。 発音と違和感に関しては、はじめのうちは、発音しにくく、食べにくい場合があります。内側の歯と歯肉の境目は、直視することができませんが、汚れが残りやすく歯肉の炎症が起こりやすいので、注意深い歯ブラシが必要です。

ハーフリンガル

850,000円(税別)

 

上の歯は、裏側に装置をつけます。
下の歯は、表側にセラミックの装置をつけホワイトワイヤーで治療。
笑っても下の歯が見えない人や舌の違和感が気になる方に向いています。 ハーフリンガルで治療した方の意見では、下が表側でもほとんど気づかれるこたがなかったという意見が割と多いようです。

目立たないセラミック矯正

700,000円(税別)

半透明なセラミックでできた審美性に優れた装置を表側につけホワイトワイヤーにて治療を行う。白い装置は、材質で分けるとプラスチックとセラミックに分けられます。プラスチックですと治療中に色が黄ばんできたり、かけやすかったりするかもしれません。セラミックも白いタイプと透明なタイプです。透明なタイプは、歯の色に左右されません。

*当院はすべてセラミック製。さらに目立ちにくいクリアタイプもございます。セラミックは、3種類から選ぶことができます。白い装置、クリアな装置、日本人の歯の色によせた装置となっております。上記は白い装置です。ホワイトワイヤーも各種取り揃えております。

マウスピース矯正

800,000円(税別)

透明な取り外し式マウスピースを使用した方法。歯の重なりが多い症例や抜歯症例はあまり向いていません。途中で補助装置(通常の表側矯正装置)を併用して行うこともあります。マウスピース矯正も矯正専門がおすすめです。一般歯科では、ワイヤー矯正が対応できないことが多く、補助装置をうまく使用できません。
適応症があります。

ミニスクリュー矯正

20,000円/本(税別)

歯をミニスクリュー(小さなねじ)から引っ張る方法で歯の移動の確実性や安定性が期待できます。 できるだけ多く前歯をさげたい場合は、とても有効な処置です。 日本矯正歯科学会でも2~3年前からガイドラインが発表されました。 最近の矯正治療では、主流な装置に成り得ます。 方法:表面麻酔(塗る麻酔)行ってから、少しだけ麻酔をうちます。 歯を抜く時の1/3~1/4くらい。歯を抜いたスペースがなくなったら取り除きます。 この処置は、当院で行います。投薬も行います。次の日のお昼くらいまで、痛み止めを飲むケースが多いようです。使わなくなったミニスクリューは取り除きます。

日本橋人形町ジェム矯正歯科
〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F
TEL 03-6661-9870
診療時間
11:00~14:00 / 16:00~21:00
休診日
土曜日 / 日曜日 / 祝祭日
診療内容
矯正歯科 / 裏側(舌側)矯正 / 成人矯正 / 小児矯正
診療時間日・祝日
  • 11:00
    11:00
  • 14:00
    14:00
--
  • 16:00
    16:00
  • 21:00
    21:00
--