ホワイトスポット ~裏側矯正 東京~

投稿日:2021.5.13 | カテゴリー:スタッフ日記

こんにちは!
ジェム矯正歯科の歯科衛生士 作野です🌷

 

日中は暖かく春の陽気はとても過ごしやすいですね♪
九州では梅雨入りした地域もありジメジメな季節が近づいていると思うと憂鬱な気持ちになりますが(´;ω;`)

 

歯の表面を鏡で見た時に、白い斑点のようなものがある方はいらっしゃいますか?

これは「ホワイトスポット」と呼ばれるもので、正式にはエナメル質形成不全症といい、エナメル質がなんらかの原因で上手く形成されなかったことによっておこります。

 

ホワイトスポットの原因には、

歯が形成される時に全身の状態が悪かった場合(栄養不足や外傷等)や、
フッ素濃度の濃い飲料水を常用、
むし歯の初期症状などがあります。

 

エナメル質形成不全症は、歯のエナメル質ができる時期に、何らかの原因でミネラルが沈着できずエナメル質が白濁してしまった状態です。

 

特にエナメル質は熱に弱く、エナメル質ができる時期(妊娠後期~出生直後)に熱があると、前歯に斑点ができることもあります。
その他にも、未熟児や低体重児、慢性疾患、乳歯のむし歯でも起こります。

 

 

エナメル質の白濁は、歯の表面が酸性になっていると起こります。
むし歯ができる時と同じ仕組みであり、むし歯と同じような予防が必要となります。

 

・間食をできるだけ控える

普段は中性を保っている口の中は、食事のたびに酸性に傾きます。
間食を減らすことで、酸性に傾いた口の中を唾液の作用で中性に戻し、歯の脱灰を修復する時間が得られます。

 

・歯磨きをしっかり行なう

歯の表面に歯垢が付着したままになっていると、歯の表面を溶かし、白い斑点が大きくなる場合があります。
プラークをきちんと毎日落とすことが予防に繋がります。

 

・フッ素入り歯磨き粉を使用する

ホワイトスポットはエナメル質の石灰化不足ですので、フッ素入り歯磨き粉などで再石灰化を促すようケアを行えば、目立たなくなることもあります。

 

 

ホワイトスポットの内部にむし歯が進行し、象牙質まで進行してしまう場合もあります。

ホワイトスポットがむし歯に進行しているかどうかは、見た目では判断しにくいため、定期的な検診をオススメします。
また、審美的問題にもつながります。

 

 

ホワイトスポットは、食習慣や歯磨き方法によっては、面積や場所がどんどん広がります。

出来るだけ小さい面積のうちに治すことオススメします。

 

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 DH作野

 

 

 

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜9時まで診療 人形町駅

日本橋人形町ジェム矯正歯科