朝うがいをしよう~裏側矯正 東京~

投稿日:2022.11.22 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

こんにちは!ジェム矯正歯科受付の根本です。

 

あっという間に今年も残すところ1カ月ちょっとになってしまいましたね😊

当院では待合室にクリスマスの飾りつけをしました🎅✨

クリスマスシーズンはいつになってもわくわくしますよね🎁

クリスマスツリーにとってもかわいいオーナメントを飾りつけしたので、

当院へお越しの際はぜひご覧ください🎄💝

 

 

さて、皆さまは朝起きた後に必ず行う習慣は何かありますか?

 

 

顔を洗ったり、朝ご飯を食べたり、ヘアメイクをしたり…

私は動画でモーニングルーティンを見たことがあるのですが、

あんなに丁寧にいろんな準備をしている人がこの世にいるなんて🙄

と驚いてしまいました!(^^)!

朝は忙しくてゆっくり準備をしている時間がないという方も多いと思います。

 

朝起きたらすぐにコップ1杯のお水を飲むということを習慣にすると健康に良いと耳にしますよね(^^)/

簡単にできることなのでやっている方もたくさんいると思いますが、

お水を飲む前にして頂きたいことがあります!!!

 

それは、“うがい”です💡

 

起床直後のお口の中は、細菌が繁殖している状態なので何もせずにお水を飲んでしまうと細菌ごと体の中に入ってしまいます。

せっかく健康のためにお水を飲んでいても意味がなくなってしまいますよね。

 

なぜ細菌が発生するか簡単にいうと、就寝中は唾液の分泌量が少なくなるからです。

唾液にはお口の中に残った食べカスを洗い流し、虫歯菌のエサになりにくくする働きなどがあります。

つまり、就寝中はお口の中で細菌が増えやすい状態といえます。

 

もちろん就寝前の歯磨きは入念にすることが大切ですが、

起床後は必ずうがいをするようにしてみてください!

お時間に余裕があるという方は、歯磨きをするとよりお口の細菌を減らすことができます😊

 

 

顔を洗うついでと考えたら簡単にできそうですね♪

皆さまもぜひやってみてください!

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 受付根本

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜8時まで診療 人形町駅

口内炎と食生活~裏側矯正 東京~

投稿日:2022.9.5 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは!ジェム矯正歯科受付の根本です。

暑かった夏もあっという間に過ぎ、秋の香りがしてきましたね🍂

今年の夏は、たくさん遊んで楽しい思い出を作ることができたのではないでしょうか♪

 

 

矯正を始めたら口内炎ができてしまったという声をよく耳にしませんか👂

ワイヤー矯正をはじめると慣れるまでは装置が頬や舌にあたり、口内炎ができやすくなってしまいます😭。

できてしまった口内炎を早く治す方法が知りたいという患者様も多いため、

口内炎にまつわる食生活のポイントをいくつか紹介します。

 

✦刺激の強いものは控える

辛い食べ物・熱い食べ物・塩辛い食べ物・酸味の強い食べ物は口内炎を刺激してしまうため、さらに治りが遅くなってしまいます。

また、このような刺激物を摂取しすぎると口内炎ができる原因になることもあるため摂取量には注意が必要です。

 

✦ビタミンB群や葉酸を摂る

特に、ビタミンB2やB6・葉酸は粘膜の再生を促すビタミン群としても知られています。

「口内炎ができやすい」と感じる方は、食生活の中でバランスよく摂り入れていくとよいですね。

・ビタミンB2が多く含まれている食べ物:レバー・青魚・干ししいたけ・アーモンド・海苔・わかめなど

・ビタミンB6が多く含まれている食べ物:レバー・魚・にんにく・ピスタチオ・ドライバナナ・ごま・海苔・玄米・大豆など

・葉酸が多く含まれている食べ物: レバー・ブロッコリー・えだまめ・ほうれん草・海苔・ごま・きなこなど

 

✦生活のリズムを整える

睡眠不足やストレスによって生活リズムが崩れていると口内炎ができやすくなります。

つまり、口内炎を早く治したい場合は規則正しい生活を心がけることが大切です。

 

 

 

口内炎ができてしまうとしゃべりにくかったり食べ物がおいしく食べられなかったりしてとてもツライですよね。

口内炎を早く治すポイントは丁寧な歯磨きに加えて、生活のリズムを整えたくさん睡眠をとることとビタミンを多く含む食品を摂取することです。

症状が酷い場合は、薬局などで市販の口内炎用の飲み薬や塗り薬を購入する方法もあるのでご自身に合う方法を探してみてください😊

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 受付根本

 

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜8時まで診療 人形町駅

歯磨きの大切さ~裏側矯正 東京~

投稿日:2022.8.8 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記
 
こんにちは、受付の田中です🌷
 
本日は裏側矯正の歯磨きの大切さについてお話しますね🤗
 
そもそも歯磨きは、健康的な歯を保つためにとても大切なことです。
中でも矯正治療中の歯磨きは、難しく苦戦される方が多いです😓💭
 
矯正中に歯磨きを怠ってしまうと、普段以上に虫歯や歯肉炎になるリスクが高まります。
虫歯になると虫歯治療を優先するため、矯正治療が予定通り進まなくなってしまいますので
歯磨きの大切さを再認識する機会になればと思います🦷
 
 
矯正治療中の歯磨き おすすめアイテム3選のご紹介❕
 
①ヘッドが小さい柔らかめの歯ブラシ
硬さのお好みは分かれるかもしれないですが、柔らかめの歯ブラシを選ぶことで
歯と歯茎の隙間を優しく磨け、歯肉炎予防につながります。
さらにヘッドを小さめのにすることで、縦磨きをしやすかったり奥のほうまで磨きやすいという
利点があり、とてもおすすめです😊
 
②タフトブラシ
矯正治療中の方は既に使用されている方が多いと思います!
タフトブラシは普通の歯ブラシと比べて、先端が小さく矯正器具が磨きやすい利点があります。
特に裏側矯正の場合は器具が見えずらく、磨き残しが不安ですよね…
上下裏側矯正の方は特に、手持ち鏡で確認しながら歯磨きをすると◎‼
 
③歯間ブラシ
矯正器具があるためフロスは難しいですよね😵
そんなときにおすすめのアイテムが、歯間ブラシです。
サイズがさまざまあるので、もし迷った方は衛生士に相談してみてくださいね✨
 
 
いかがでしたか?少しでも参考になればうれしいです。
歯を1本1本磨くことを意識してみてくださいね🙆
 
 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 受付田中

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門「日本橋人形町ジェム矯正歯科」

夜8時まで診療 人形町駅

滑舌が良くなるトレーニング♪~裏側矯正 東京~

投稿日:2022.7.4 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

 

こんにちは、受付の田中です🌸

 

裏側矯正は目立ちにくいというメリットもありますが

滑舌が悪くなるなどのデメリットもあり気になる方も多いですよね…

 

1カ月ほどすれば慣れる方がほとんどですが、少しでも早く良くなりたい!という方に

矯正をしながらでもできる、滑舌を良くする方法をいくつかご紹介します🌷

ぜひ、お試しになってみてください

 

①たくさん喋ったり、思いっきり笑うこと

滑舌が悪くなり喋りにくい中、慣れるまでは難しいですが

舌やお口の運動になるので、滑舌がよくなりやすいと言われています♪

また、大きく笑うことにより表情筋がほぐれたり鍛えられたりするので

滑舌に影響するだけでなく、エイジングエアにもなるのでオススメです✨

 

②舌を出すトレーニング

舌を前に出し、舌の筋肉を鍛えることによって

発音にいい影響を与えるといわれております❣

また、上を向いて舌を真上に出すことで、たるみケアなどもできるそうなので

ぜひお試しになってみてください😊

 

③発音練習

裏側矯正をすると、特に言いづらくなるのが「さ・し・す・せ・そ」です。

ゆっくりと一つ一つ確実に発音する練習を繰り返すことにより「s/th」の発音で

必要とされる舌の動きを習得することができます。

ポイントは空気を押し出すイメージで「サー・シー・スー・セー・ソー」と

子音・母音の音や、口と舌の動きを意識しながら行うことです♪

サ行の他にも、タ行・ナ行・ラ行も影響を受けやすいと言われております。

普段から滑舌を気にされている方にもおすすめのトレーニングです🙆

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 受付田中

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門「日本橋人形町ジェム矯正歯科」

夜8時まで診療 人形町駅

親知らずの生え方~裏側矯正 東京~

投稿日:2022.6.15 | カテゴリー:ジェムブログ, スタッフ日記

こんにちは!日本橋人形町ジェム矯正歯科 受付根本です。

梅雨入りしたことでどんよりとしたお天気や肌寒い日がつづいていますね😞

6月4日~6月10日まで歯と口の歯健康週間でした。

少し過ぎてしまいましたが、虫歯など歯に関することで不安がある方は歯科検診を受診して、

毎日健康に過ごせるようにお口のケアも丁寧に行っていきましょう🦷✨

 

 

親知らずという言葉を大人になってからよく耳にするようになりましたが、

親知らずの生え方はいろいろあることをご存知でしょうか。

生えてこないという人ももちろんいますが、生え方によってはお口のトラブルにつながる可能性が高い歯ですので注意が必要です🙋

 

①正常な生え方

とくにトラブルがない限り抜歯の必要はありません。
歯みがきをしてきれいに保ちましょう。

 

②傾斜して生える、水平に生える

生えるスペースが不足していると斜めや横向きに生えてきて、前にある第二大臼歯を圧迫するようなかたちになります。
汚れもたまりやすく歯みがきも困難なため、隣の歯にも、むし歯が発生しやすくなります。
このような場合は、抜歯になる可能性が高くなります。

 

③水平埋伏

あごの中で横向きになったまま生えてこない状態です。
隣の歯の根を刺激して、歯の根やまわりの骨を溶かしてしまうことがあります。
このような場合は抜歯になる可能性が高くなります。

 

 

親知らずは生え方に個人差があり、斜めに生えたり、横向きに生えるなど、正常に生えない場合が多くみられます。

また、適切なお手入れをしなければむし歯や歯周病のリスクが高い歯です。

まだ親知らずが生えてきていないという方は歯医者さんで自分の親知らずの状態を確認し、相談をしてみてはいかがでしょうか📝

 

 

日本橋人形町ジェム矯正歯科 受付根本

会社近く日本橋 見えない裏側矯正 矯正専門 「日本橋人形町ジェム矯正歯科」 夜8時まで診療 人形町駅